ここから本文です

「選手なら誰もが目指すべき場所」槙野智章が語るUCLの魅力

9/18(水) 12:11配信

footballista

9月17日(火)、ついに2019-20シーズンの激闘の火蓋が切って落とされたUEFAチャンピオンズリーグ(UCL)。サッカーの最先端が詰まった大会の魅力について、自身も海外でのプレー経験を持ち、現在DAZNアンバサダーを務めている浦和レッズの槙野智章選手に、選手の目線で語ってもらった。

インタビュー・文 久保佑一郎(footballista編集部)
写真 鈴木奈保子

「レベルの高さに度肝を抜かれます」

――本日はよろしくお願いします。はじめに、選手目線で見たUCLの魅力とはどんなものか、聞かせてください。

「サッカー界の中ではW杯と双璧をなすレベルの高い大会ですからね。選手としてプレーしている以上、UCLに出たい、という意欲は誰もが持っていますし、目指すべき場所だと思います。食事のテーブルや移動のバスの中でも、UCLの話題になると止まりません」


――選手の間でもUCLについて話されているんですね。

 「(話が)出ますね。特にACLに出ている選手たちは、ACLですら対戦相手や移動などで難しさを感じています。なのでなおさらUCLの難しさ、レベルの高さに度肝を抜かれています」


――この夏は本当に多くの日本人選手たちが海外へと飛び出していきました。彼らからそういった話を聞いたりすることもあるのでしょうか?

 「そうですね。『興味がある』とか『どんな形であろうと、オファーがあれば行きたい』という若い選手たちの話は出ていました。個人的には、チャンスがあれば早くから行った方がいい、失敗も成功もたくさん経験した方がいいと思っています。今の日本代表を見ても、スタメンの11人がほぼ海外組というのは当たり前になってきていますしね。

 決して日本のレベルが低いというわけではありません。海外に出て、いろんな経験をして揉まれる選手が日本サッカーを発展/向上させてくれると思っているので、すごくいい傾向だと僕は思っています」


――選手の間でも話題になるUCLはただでさえハイレベルですが、年を追うごとに目覚ましい進歩を遂げています。近年の傾向についてはどのように感じていますか?

 「順当に勝ち上がってくるチームばかりじゃなくて、昨シーズンで言えばアヤックスのように若くて面白いチームが旋風を巻き起こしたり、新しいサッカーを作っていったりするのかなというイメージがありますね。

 あと、これは傾向とは違いますけど、UCLでは常に新しい選手が出てくるので、それを見つけるのはやっぱり醍醐味ですよね。これもアヤックスになりますけど昨シーズンだったらデ・リフト。19歳でキャプテンをやっていて、年下ですけどリーダーシップなど学ぶことがあるなと思って見ていました」


――今デ・リフトの名前が挙がりましたが、やっぱりDFに目が行くものですか?

 「いや、そんなことはないです。チームとしてどう戦っているのか、というふうに見ることが多いですね」

1/3ページ

最終更新:9/18(水) 12:11
footballista

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事