ここから本文です

エギングを始めるなら「数釣りの秋」に基礎をマスターすべし!

9/18(水) 18:24配信

ルアマガ+

独特の引き感!食べても美味しい!!

「フッキングが決まると、逃げようとするアオリイカは漏斗で海水を逆噴射。魚にはない独特の引きがたまりません! 秋のやや歯ごたえのあるアオリイカは、卵黄と醤油で和えたイカそうめん丼や、握り寿司で食すのがオススメです」

春と秋がエギングの2大絶好機!

「アオリイカは春が産卵期。3月以降に水温が上昇すると、深場からワンド(湾状に奥まった地形のこと)内へ上がって海藻帯などに卵を産み付けます。孵化した幼体は、季節が進行するごとにグングン成長! 秋はアクティブな子イカの数釣りが楽しめるシーズンですね。秋のほうがビギナーにはより気軽に挑戦できると思います!!」

漁港内の障害物周辺を見逃すな!

この秋にエギングを始めたいというアングラーは、どういった場所を狙えば良いですか?
「アオリイカは春にワンド内の海藻帯などで産卵。孵化した子供が100~300g程度に成長するとエギに反応するようになります。
子供のイカは、青物などの外敵から身を守るために、海藻帯や漁港内の障害物などに身を潜めていることが多いです。狙い目は、漁港のブイや係留ロープなどの“変化”の周辺ですね」

穏やかな日中に潮の動くタイミングを狙え!

「強風時はエギを操作しにくいため、穏やかな日が理想。昼夜を問わず釣れますが、視覚的な情報が多いデイゲームは楽しさが倍増します。アオリイカは、潮が動いているタイミングに活性が上がる傾向が強いですね」

ルアマガ+編集部

2/2ページ

最終更新:9/18(水) 18:24
ルアマガ+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事