ここから本文です

“俺流スーツ”の着こなし方──テーラードジャケット編!

9/18(水) 11:52配信

GQ JAPAN

2019年の秋冬シーズンはテーラードが復権する! 王道のクラシックだけでなく、ストリートテイストの新しいスーツ・スタイルを追った。今回はテーラードジャケットを紹介する!

【新作テーラードジャケットを写真で見る!】

PERFECT TAILORED

遊びに旅に通勤に、大活躍のテーラード!

並んだジャケットのどれを選ぶか迷いそう 着心地重視ならまずはアンコン。芯地も入らず軽くて疲れない。フーディーからの脱却に最適だ。そしてメタルボタンでなくともポケットや襟回りのステッチがカジュアルなクラシックブレザー。まずはここから揃えて使い倒すべし。カントリー調のチェック柄や機能素材のトラベルジャケットも超便利。

CLASSIC BLAZERS

今季絶対外せないのがシンプルブレザー!

Valditaro per SHIPS
11万3000円〈シップス 銀座店〉

Gieves&Hawkes
14万円〈ヴァルカナイズ・ロンドン〉

J.PRESS・BLUE BLUE
5万9000円〈ハリウッド ランチ マーケット〉

Luca Grassia
29万円〈伊勢丹新宿店〉

TRAVEL JACKETS

出張&旅行には機能素材を選ぶ

BANANA REPUBLIC
3万2778円〈バナナ・リパブリック〉

TAGLIATORE
8万1000円〈バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〉

DESCENT PAUSE
3万2000円〈デサント ブラン 代官山〉

azabu tailor
4万3500円〈麻布テーラープレスルーム〉

WELT PLAID

カントリー調チェックでカジュアルダウン

HERNO
19万8000円〈ヘルノ・ジャパン〉

Belvest
28万2000円〈八木通商〉

SARTORIO
13万7000円〈ストラスブルゴ〉

UNIQLO
5990円〈ユニクロ〉

UNCONSTRUCTED

きちんと見えて楽ちんなアンコンタイプ

CARUSO
12万円〈ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〉

Stile Latine
34万円〈エストネーション〉

Aquascutum
6万5000円〈レナウン プレスポート〉

STUDIO YPSILON
16万円〈トゥモローランド〉

写真・小嶋晋介、長尾大悟、大志摩 徹 スタイリング・井田信之、コダン 文・日置千弓

最終更新:9/18(水) 11:52
GQ JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事