ここから本文です

「数」も「サイズ」も狙える秋こそがチャンス!!サーフでのヒラメ釣り!

9/18(水) 19:27配信

ルアマガ+

一年で一番ヒラメを手にするチャンスが高い秋。これから始める人でも、どうにかまず一尾釣ってほしい!その方法を教えてくれたのは、あらゆるヒラメ釣りに熟知した堀田さん。今回はサーフでのヒラメ釣りの基礎を教えて頂きましょう。

「秋」のヒラメ釣り

教えてくれるのはヒラメを知り尽くしたサーフの伝道師

堀田光哉(ほった・みつや)さん
静岡県在住。全国のヒラメ釣りを知り尽くし、各地でのサーフフィッシングを開拓している伝道師的アングラー。専用ロッドやルアーのプロデュースも手掛け、数多くの名作を生み出し続けている。

ヒラメ釣りとは?

広大なサーフで釣れる引き味&食味が最高の魚
広大に開けた大海原へキャスティングするだけで気持ちが良いサーフでのヒラメ釣り。引きが強くて楽しめるだけではなく、食味もたん白でクセのない身の締まった白身。充実した釣行を提供してくれる貴重なターゲットだ。

これからベストシーズンが訪れる超人気魚!

全国的に人気も高いヒラメ釣り。そもそもヒラメとはどんな魚なのだろうか?
「砂浜やジャリ浜、磯や漁港、小魚を追って捕食する歯が鋭いどう猛な魚。そしてメインとなる釣り場はサーフ(砂浜やジャリ浜)。だれでも気軽に釣りがしやすい海岸なので、昨今は人がとても多くなっている釣りです」

教えてくれるのは、ヒラメ釣りの知識が豊富で大人気の堀田さん。

「以前は冬の魚のイメージが強かったヒラメですが、真夏と真冬以外は一年中釣ることが可能なんです」

ヒラメのベストシーズンといえば!?

「初夏と秋。6月と11月がヒラメ釣りの2大ピークといえます。初夏は水温的に上がり始め、梅雨空のためヒラメの活性も上がります。11月もヒラメの適水温のことが多く、数もサイズもバランスよく釣れますね」

ヒラメが一番岸へ寄ってよく釣れるのは、初夏の6月と秋の11月。もう少し季節が進行すると、ヒラメの適水温(約20℃)になりやすく魚の数も多い。他の時期も釣れるが、逆に良くないのは高水温になる8月と最低水温になる2~3月頃。

ヒラメは梅雨空がいい!?

「ヒラメはドピーカンでも釣れます。でも、曇り空から小雨程度くらいが一番活性は高い。原因は低気圧にあると思いますが、これが荒れ始めて波が高くなってしまうと底荒れしてしまい岸近くに居付きにくくなります。波は穏やか、でも低気圧の曇り空…これくらいがベストの釣り日和だといえます」

風が強いと波が高くなり、それが原因でサーフでは底が荒れやすくなってしまう。そうなるとヒラメもベイトも沖へ出てしまうので、釣りにくくなってしまう。そして日差しが強いドピーカンよりは、低気圧が近づいて曇っている天候の方がヒラメの活性もアップする!

1/2ページ

最終更新:9/18(水) 19:27
ルアマガ+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事