ここから本文です

【植松晃士】流行のゆるファッションには【ツヤ肌】で女らしさを!

9/18(水) 17:00配信

VOCE

VOCEのご意見番・植松晃士さんがおモテのコツをアドバイス! ゆるゆるっとしたファッションは楽だけれど、それにただ甘んじていては女っぽさが激減。きちんと女子要素を足してこそ、おモテ!

植松晃士の街角観察ルポ <おブス!? おモテ!? の分かれ道>

植松晃士[UEMATSU KOJI]
ファッションプロデューサー。VOCE読者にとっては“ファッション×美容”のご意見番!

【今回のおブス】縄文スタイルおブス

植松「春先にさぁ、ロングコートにロングパンツを合わせた“そろりそろり”おブスがいたじゃない?」

編集N「はい。それがどうかしました?」

植松「夏は夏で、また“長い”に“長い”が大流行なのよ。ちょっと厚手のTシャツ素材でノースリーブのロングワンピに長いパンツを合わせている子、多くない? しかもトレンドのベージュのワントーンコーデ!」

編集N「確かに! よく見かけますし、私もなんなら着てるかも……」

植松 オシャレっぽいけど、これって体型が気になりだした40代向けのトレンドで、わざわざアラサーでやることないのよ」

編集N「つい、楽で……」

植松「とくに大ミスだと思うのが、パンツの素材。シルクっぽくてツヤッとした柔らか素材ならOKだけど、デニムやハリ感のある硬い素材をセレクトしている子が多いのよ。そこにごっついスニーカーを合わせているから、もはや縄文時代の戦闘服状態。もしくはゆるっとした部屋着の延長線っぽく見えて、緊張感のなさ丸出し。いずれにしても女っぽさが足りないわね」

編集N「ううっ、反省。どうすればいいでしょうか」

植松「まずは、ボトムを替えるべきだけど、ジャリジャリと音がするぐらい細身バングルを重ねるとか、大ぶりのフープピアスをつけるとか、せめて音で女子感をアピールしてほしいわね」

編集N「今すぐ買います(汗)」

植松「そして、もうひとつ大切なのが、肌の質感ね。こういうファッションだと残念ながら肌がくすんで見えるのよ。だから、余計にやる気がなく見えちゃう。ぜひツヤ感がほしいの、しかもお顔だけでなく全身にね。夏はとくに肌の露出が増えるからフルボディでしっかりケアすることが大事。全身、角質ケアでピカーッとした質感に磨き上げて、さらにラメ入りクリームなどを塗って、ツヤっぽくしとかないと、寝間着に見えるわよ、寝間着! とくに今回は、露出が少ないんだから、肩はとくに念入りに、ね」

編集N「はい、磨きます! 塗ります!」

1/2ページ

最終更新:9/18(水) 17:00
VOCE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事