ここから本文です

NYファッションウィークの最前列を飾ったスターたち。

9/18(水) 19:09配信

フィガロジャポン

ランジェリー・スタイルでショー会場を訪れたセレブ、トム フォードのショーに集結したスターたち、プロエンザ スクーラーのショーをお忍びで鑑賞するあの人。ニューヨーク・ファッションウィークの最前列に、今シーズンも多くのセレブたちが顔を揃えた。

その他の写真はこちら。

9月に入ってすぐ、ウールのカーディガンに同色のブラジャーを合わせたコーディネートでメディアを賑わせたばかりのケイティ・ホームズ。ニューヨーク・ファッションウィーク公式開幕前日の9月5日に行われたエリー タハリのショー最前列に登場し、ここでもファッショニスタぶりをアピールした。この日の彼女はデニムのシャツとレザー風パンツというさりげない装い。今シーズンのニューヨーク・ファッションウィークの気分はシンプルスタイルかと思いきや、翌日さっそく、やんちゃなジェレミー・スコットのショーで予想は覆された。

ランウェイで展開されたのは、蛍光カラーのウィッグ、サイケデリックなプリント、メタリックなサイハイブーツなどのアイテムが続々と登場する刺激的なコレクション。一方、フロントロウもまるでバックステージ。トップモデルのジジ・ハディッドやハイディ・クルム、ココ・ロシャ、イリーナ・シェイクらが、華やかなプリントのルックに身を包み、最前列でショーを鑑賞した。

ジジ・ハディッドは翌日夜にはラルフ ローレンのショーでランウェイに登場し、その後、ウォールストリートに開店した「ラルフズ・クラブ」のオープニングパーティへ。このソワレのドレスコードは、白と黒。トップモデルのリリー・オルドリッジとソーシャライトのポピー・デルヴィーニュは、鮮やかな白のドレススタイルで現れた。一方、ジャネール・モネイは、ドレスコートに敢えて反して、ブルーサファイアのシースドレスを纏って登場、ステージでライブパフォーマンスを披露した。

しかし、この日最も注目を集めたのは何といっても、ロンシャンのショー会場に笑顔で現れたケイト・モスとライラ・グレース母娘だろう。最前列にはケイト・モスと並んで、女優のジュリアン・ムーアの姿も。そして、ロンシャンの今シーズンのコレクションイメージにぴったりのフェミニン&スポーティな装いに身を包んだ、モデルのケンダル・ジェンナーの姿も見られた。

セレブの間では、ブランドのDNAに合わせたコーディネートを選ぶというのがマナーのようで、トリー バーチのショーでは、花柄の服を纏った招待客が最前列を飾り、ロックアイコンのコートニー・ラブも、サテンのセットアップに身を包んでシエス マルジャンのショーを鑑賞した。とはいえ、多少とも扇情的な下着コレクションを発表するサベージ x フェンティのショーでこのマナーを守るのは生易しいことではなかっただろう。シャニーナ・シャイクはシルクのニュイゼットで登場し、この難題に果敢に挑んでみせた。一方、デザイナーのリアーナ自身も、最前列の招待客に交じってショーを見守った。

texte : Charlotte Arnaud (madame.lefigaro.fr)

最終更新:9/18(水) 19:09
フィガロジャポン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事