ここから本文です

歌い手のカリスマ・まふまふ「それは恋の終わり」のMV公開 新アルバム収録曲

9/18(水) 18:04配信

KAI-YOU.net

9月12日に東京ドームでの単独公演を発表し、10月16日(水)にニューアルバム『神楽色アーティファクト』を発売するアーティスト・まふまふさんが、本アルバム収録「それは恋の終わり」のMVを公開した。

【画像】ジャンプ&マガジンのタッグでも楽曲提供

ソロとしては約1年ぶりとなる実写のミュージックビデオに加え、今作は俳優の佐野勇斗さんと高橋ひかるさんが出演し、ひと夏の恋模様を演じている。

歌い手のカリスマ・まふまふ

まふまふさんは、高低差のある歌声、繊細かつ少々難解な歌詞、独特な世界観の楽曲で人気を誇り、インターネットを中心に活躍してきた歌い手。

歌唱・作詞・作曲・編曲・演奏・エンジニアリングまで1人で行うことが多く、ギターやベース、ピアノの演奏にも長けるなど、多彩な音楽センスを持ち合わせている。

ゲーム、アニメ作品や様々なアーティストへの楽曲提供に加え、同じく歌い手のそらるさんとの音楽ユニット・After the Rainとして活動。ソロでは、7月から放送中のTVアニメ『かつて神だった獣たちへ』OP主題歌を担当している。

さいたまスーパーアリーナ・幕張メッセなどの大規模ライブのチケットは即日完売させており、10代から20代の女性を中心に人気を集めている。

ニューアルバムもマストでチェック

「神楽色アーティファクト」には、2020年3月に開催される「ひきこもりでもLIVEがしたい!~すーぱーまふまふわーるど2020@東京ドーム~」の最速先行抽選シリアルナンバーや「ファンミーティング&ハイタッチ会」抽選応募受付シリアルナンバー、アーティストフォトカードが初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤と全形態の初回プレス分に封入される。

本アルバムは過去最多の全20曲が収録されており、初回限定盤Aには、約2年ぶりとなるまふまふさん名義での実写MV「それは恋の終わり」や、3DCGアニメーションMV「君のくれたアステリズム」など、計4曲のライブ映像を収録。初回限定盤Bには、「まふまふ ひとりぼっちの京都旅 大ボリューム90分」が収録されている。


<佐野勇斗さんコメント>
「ミュージックビデオの撮影終えて、今年の夏の思い出が作れたような気がして、とても楽しかったです。神社に行ってお参りして、ラムネ飲んで、花火を見たりと、こんなデートしてみたいなって思いました。
まふまふさんの美しくて透き通った声に、切ない歌詞が、心に沁み渡りました。
夏の終わりを感じさせたり、夏の夕方に聴こえてきそうな虫の声が楽曲に使用されてますが、切ないけど、どこか懐かしくて素敵な曲だなと思いました。」

<高橋ひかるさんコメント>
「まふまふさんの楽曲は儚さも美しさも力強さも共存していて、今回の「それは恋の終わり」も切なくも美しくて苦しくて、恋の味がギュッと詰まった一曲だなと思いました!
女性のことを忘れられない男性が二人で過ごした楽しくも切ない夏の記憶を思い出しながら、その時の楽しそうな2人を見つめているのが切なくて、、MVを見てくださる方にもその気持ちに共感してもらえたら嬉しいです!」

『神楽色アーティファクト』
01.忍びのすゝめ
02.自壊プログラム
03.サクリファイス (TVアニメ「かつて神だった獣たちへ」オープニングテーマ)
04.ジグソーパズル (MBS/TBSドラマイズム「スカム」オープニング主題歌)
05.マルファンクション
06.朧月
07.すーぱーぬこになれんかった
08.女の子になりたい
09.動かざること山の如し
10.君のくれたアステリズム
11.リライトザサーガ (「オルタンシア・サーガ ゼロ 」主題歌)
12.曼珠沙華
13.とおせんぼう
14.傀儡の心臓
15.廃墟の国のアリス
16.生まれた意味などなかった。
17.アートを科学する
18.それは恋の終わり
19.拝啓、桜舞い散るこの日に (「少年ジャンマガ学園」公式テーマソング)
20.あさきゆめみし



※記事初出時、商品に関する記述に誤りがございました。お詫びして訂正いたします。

きのしたゆり

最終更新:9/18(水) 18:33
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事