ここから本文です

ルブレフが逆転勝利、引退間近のティプサレビッチは途中棄権 [男子テニス]

9/18(水) 17:02配信

テニスマガジンONLINE

 ロシア・サンクトペテルブルクで開催されている「サンクトペテルブルク・オープン」(ATP250/9月16~22日/賞金総額124万8665ユーロ/室内ハードコート)のシングルス1回戦で、第5シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)が1セットダウンから挽回し、予選勝者のイリヤ・イバシカ(ベラルーシ)を4-6 6-0 6-4で倒して2回戦に駒を進めた。

2019年ATPツアー表彰写真|PHOTOアルバム

 イバシカは第3セットで先にブレークを果たして4-3とリードしたが、そこからルブレフが3ゲームを連取して勝利を決めた。USオープンでベスト16入りするなどこのところ好調さを見せていたルブレフは、2回戦でリカルダス・べランキス(リトアニア)と対戦する。

 シーズン末に引退を予定しているベテランのヤンコ・ティプサレビッチ(セルビア)はダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)に対する試合中に故障し、5-7 6-3 1-3の時点でリタイアすることを余儀なくされた。(C)AP(テニスマガジン)

LONDON, ENGLAND - JULY 03: Janko Tipsarevcic of Serbia plays a backhand in his Men's Singles second round match against Kevin Anderson of South Africa during Day three of The Championships - Wimbledon 2019 at All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 03, 2019 in London, England. (Photo by Matthias Hangst/Getty Images)

最終更新:9/18(水) 17:02
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事