ここから本文です

「ゲーム・オブ・スローンズ」が最多受賞の記録更新なるか!? D姐がエミー賞2019を予想。

9/18(水) 21:51配信

VOGUE JAPAN

米国テレビ芸術科学アカデミーが主催する第71回エミー賞が9月22日(現地時間)、2003年以来16年ぶりに司会者なしで開催される。「ゲーム・オブ・スローンズ」や「Veep/ヴィープ」など、長年続いてきた人気ドラマがファイナル・シーズンを迎える中、賞レースを制するのは? D姐がトロフィーの行方を大予想!

エミー賞といえば、米テレビ界最高峰の栄誉ある賞で、アメリカの四大エンタテーメント賞EGOT(エミー、音楽のグラミー賞、映画のオスカー=アカデミー賞、演劇のトニー賞)の一つ。とはいえ、映画スターが鳴り物入りでテレビ作品に出演すると当然のごとくノミネートをさらったものだが、今年はジョージ・クルーニー(Hulu「キャッチ-22」)、ジュリア・ロバーツ(Amazon「ホームカミング」)、エマ・ストーン(Netflix「マニアック」)というアカデミー賞受賞の超大物が軒並みノミネートされないという事態に(しかも作品の評判も良かったのに)。

HBOやネット系配信ドラマ人気で映画スターの進出がより活発になってきたのも、映画並みの予算をかけることでクオリティが高い作品が増えた証でもあり、かつてのように映画界のビッグスターがテレビドラマに出演する話題性では、容易にノミネートされされない激戦になったというわけだ。忖度なしで選ばれた今年のエミー賞ノミネート、最終回を迎えたアノ大ヒットシリーズが有終の美を飾るのか!? 受賞の行方を予想してみた。

ドラマ部門

歴代で最も多い8作品がノミネートされたが、やはり大本命は名実ともにテレビ史上最大のヒット作の一つとして君臨する「ゲーム・オブ・スローンズ」だ。5月に第8シーズンで最終回を迎えた“ゲースロ”は、今年トータル32ノミネートで最多記録を塗り替え、助演部門ではノミネート12人のうち7人がゲースロから選出されている。

エンディングはコアファンにとって賛否両論で炎上したが、それも人気と知名度が半端ない証拠。他の作品を圧倒しての壮大なクオリティであったことには間違いない。すでに2016年に「ウェスト・ウィング」「ヒル・ストリート・ブルース」の26受賞の記録を超えて、史上最多受賞ドラマとなっているが、昨年までのトータル受賞数38からどこまで伸ばせるのか。一年で最多受賞12の自らの記録更新もかかっている。2年連続、4度目の最優秀作品賞はほぼ確定といったところか。

1/4ページ

最終更新:9/18(水) 21:51
VOGUE JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事