ここから本文です

完璧主義、先延ばし…稼げない人の「悪いクセ」はこう克服する|稼ぐ人、安い人、余る人

9/20(金) 16:05配信

幻冬舎plus

キャメル・ヤマモト

終身雇用、年功序列が崩壊し、リストラも当たり前になった昨今。元官僚で、現在はコンサルタントとして世界で活躍するキャメル・ヤマモト氏は、著書『稼ぐ人、安い人、余る人』で、ビジネスパーソンの「選別」が始まっていると説く。この厳しい時代において、わずか1割の「稼ぐ人」になるためには、どのようなことを心がければよいのか? 本書より、その一部をご紹介します。*   *   *

「細部完璧主義者」になるな

エンジニア組織や弁護士事務所のマネジャーからは、「エンジニアや法律家は、ほうっておくと、締め切りを設定したがらない。締め切りのために品質がおちることを許容できないからだろう。でもそれでは仕事にならないから困る」という話をよくききます。

法律や品質基準が絶対的に重要な職場ではいかにもありそうな症状です。

また、エンジニアや弁護士には稼ぐ人も多いでしょうし、確かに、細部の詰めがすべてに優先するケースもあるでしょう。

問題は、「状況にかかわりなく、パブロフの犬的に細部完璧主義でしか動けない」点です。「安い人・余る人」の中には、状況に関係なく、非常に几帳面に丁寧にしか仕事ができない症状に陥っている人が結構います。

この症状には、三つの対処法があります。

一つは、「結果的に何ができればいいのか」という成果イメージを明確化してから仕事にかかるという方法です(ダチョウ病と同じ処方です)。

そんなこといわれなくてもやっているという方も、もしあなたの組織が官僚的な場合には注意が必要です。官僚的な組織では細部完璧主義が蔓延していますから、仕事を始める前に、あなただけでなく、関係者や顧客まで巻きこんで、どういう成果が必要なのかという期待値を一致させておくことが必要です。

成果イメージの共有化ができていないと、必ず、後になって細部完璧主義者が、成果とはあまり関係ない細部の詰めの必要性を指摘しだして、ことが進まなくなってしまいます。

二つ目の対処法は、「時間も品質の一部」ルールです。仮にある仕事を一〇〇%完璧にやっても、一定の期限内にできなければ価値はゼロかもしれません。お客さんの目からみると、期限がすぎた作品は不良品と判定されかねません。「八〇%できたらよしとして、残りの二〇%は時間をさらにかけることに値する場合のみやる」というルールも効果的です。

仕事の中には、最後の二〇%を詰めるのに時間の八〇%を食う、というのが結構あります。そしてその二〇%を完璧にやらないと意味がない仕事もあれば、さほどそこが重要でない仕事もあります。そこを見分けていくことが重要になります(その際はやはり成果イメージが基準になります)。

三つ目の対処法は、ちょっとその場を離れてリラックスする、というものです。アメリカ人と一緒に仕事をすると、sit backしようという表現をききます。もっとも、肩に力が入った完璧主義者に、ちょっとリラックスしようなどというと、かえって「リラックスなどしている場合じゃない、もっと品質をあげろ」と皺のよった眉間でにらまれそうですが。

1/2ページ

最終更新:9/20(金) 16:05
幻冬舎plus

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事