ここから本文です

とがった靴を取り入れて、ナチュラル派も脱ほっこり!【モデルはまじ】

9/18(水) 14:30配信

webマガジン mi-mollet

おすまし顔の“とがった” ハンサムブーツ

  シャープなシルエット、素材感や色などどこかに “とがった”気配が感じられるハンサムなブーツ。ニットやウールなどほっこり素材と付き合うこれからの季節こそ、プチチャレンジして欲しいアイテムです。左からニットとスエードのコンビのブーツ¥38000/マリサ レイ(RHC ロンハーマン)  深みのあるグリーンが新鮮なブーツ¥38000/エディション(エディション 表参道ヒルズ店)  シャープなレースアップブーツ¥43000/チェンバー(エストネーション)  パイソン柄のブーツ¥30000/トゥモローランド

はまじ:私にとって“とがった”靴は、お仕事で人前に出るときなど、少しモードを意識したいときの心強いアイテム。一点投入しただけで着こなしが一変するんです。「おしゃれは足元から」は、まさにその通り! 

麻琴:人前に出るときはもちろん、普段の着こなしを活性化するにも“とがった”靴は手っ取り早いテクニック。Tシャツとデニムなどシンプルなコーディネートも一瞬で”雰囲気”を作れちゃう。まさにおしゃれの時短(笑)! シルバーの他にエナメル素材、レオパード、パイソンなどのアニマル柄、深緑やボルドーなどべーシックカラー以外の色も“とがった”靴のキーワードだよ。

今回、教えてくれたのはスタイリスト福田麻琴さん

 福田麻琴 女性誌を中心に広告、CM、カタログ、タレントのスタイリストとして活動中の2009年にフランスへ留学。1児の母。身長161cm。mi-molletでは、フレンチ企画などで大人気。著書に 『38歳から着たい服 本当に似合うものだけ少量持つ』(すばる舎刊)、『THE FRENCH STYLE BOOK カジュアルで女性らしいパリジェンヌな着こなし』(KADOKAWA刊)がある。最新刊は『大人気スタイリストがすすめる コスパのいい服』(すばる舎刊)。 instagram:@makoto087

撮影/鈴木 新(go relax E more)
ヘア&メイク/吉岡美幸(池田事務所)
スタイリスト/福田麻琴
取材・文/笹本絵里
構成/幸山梨奈 

浜島 直子

2/2ページ

最終更新:9/18(水) 15:09
webマガジン mi-mollet

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事