ここから本文です

【鹿島】「最後に相手をかわして…」ラストワンプレーの決定機をレオ・シルバが振り返る

9/18(水) 23:11配信

SOCCER DIGEST Web

「あのシュートの打ち方は、ウォーミングアップでも練習」

[ACL準々決勝第2レグ]鹿島1-1広州恒大/9月18日/カシマ
 
 ラストワンプレーだった。
 
 トータルスコアは1-1。このままではアウェーゴールの差で大会敗退が決まる。あと1点。決めれば連覇を狙うACLで4強入りを決められる。アディショナルタイムでのビッグチャンスで、レオ・シルバの放ったシュートは、しかし相手DFにカットされてしまう。この瞬間、鹿島のアジア連覇の野望は潰えた。
 
「あのシュートの打ち方は、ずっと練習してきて、ウォーミングアップでも練習していました。最後に相手をかわして、練習通りにシュートしたのですが、(相手の)足が出てきてしまった。GKを外して、あとは角度を作るだけだったので」
 
 味方との連係でペナルティエリアに侵入。すっとやや横に動いてシュートコースを作る。あとは流し込むだけだった。スリリングなシチュエーションで、準備してきたものをピッチで表現する。練習通りにもっていけたが、ゴールネットを揺らすことはできなかった。
 
「映像をまだ見返していないので、なんとも言えませんが、相手を称えるしかないですね」
 
 チームを勢いづかせる同点弾を演出したのもL・シルバだった。0-1で迎えた51分、コースを狙ったシュートはセルジーニョに当たり、コースが変わってゴールに吸い込まれる。スコアラーはセルジーニョとして記録されたが、半分はL・シルバのゴールと言ってもいいだろう。
 
 ボランチとして守備で奮闘を見せるだけでなく、攻撃面でも決定的なシーンを作る。文字通り、獅子奮迅の働きでチームを下支えした。ボランチの相棒、三竿健斗が負傷欠場する事態だったが、L・シルバは中盤の底で永木亮太と上手く連係を取りながら、最後まで精力的なパフォーマンスを披露した。
 
「ベスト4を目の前にすれば、普通は気持ちが入りますよね。入らないほうがおかしいわけで。去年のACLを経験(優勝)して、ACLは“普通通り”にやったら、勝ち進めないのはみんな分かっていたと思う。“普通以上”のものを示さないと、なかなか勝てない。また、シーズン中であれば、怪我人や累積で出られない選手はどうしても出てくるもの。そこは気にする必要はない。出た人で一生懸命にやるだけなので」
 
 L・シルバだけでなく、鹿島の選手たちはそれぞれが気持ちのこもったプレーを随所に見せた。それでも勝てなかった。L・シルバも「ひとつの大会を失ってしまった」と悔しさを滲ませるが、それでも気丈に前を向く。
 
「他の大会に集中して取り組み、日々邁進していきたい」
 
 4冠の可能性は消えたが、まだJ1リーグ、ルヴァンカップ、天皇杯が残っている。この敗戦の悔しさを糧に、“国内3冠”を手に入れたい。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【ACL PHOTO】鹿島 1-1 広州恒大|鹿島ACL連覇ならず。1-1ドローもアウェーゴールの差で広州が浦和との準決勝へ

最終更新:9/19(木) 7:36
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事