ここから本文です

【ラグビーW杯】菊谷崇×廣瀬俊朗・前編 「サッカーの6倍」!? 意外な注目はアルコール消費量

9/18(水) 17:03配信

THE ANSWER

2011年大会のキャプテン菊谷崇と15年大会の“影のリーダー”廣瀬俊朗氏がW杯を語る―前編

 ラグビーワールドカップが20日に開幕する。初めての日本での開催。過去最高の8強入りへ挑むジェイミー・ジョセフ・ジャパン。オリンピック、サッカーワールドカップと並ぶ、世界三大スポーツの祭典へ、「THE ANSWER」ではジャパンのキャプテンを務めた2人の豪華対談が実現した。

【図表】2019年ラグビーW杯日本大会プール組分け

 4年前のイングランド大会で日本代表の躍進を“影のリーダー”として支えた廣瀬俊朗氏と、2011年のニュージーランド大会でキャプテンを務め、今大会のアンバサダーでもある菊谷崇氏が、日本代表への期待、注目選手、意外な見どころなどを余すところなく語った。前後編に分けてお届けする。

 ◇ ◇ ◇

――前回大会では初戦で南アフリカに大逆転勝ち。ラグビーファンは涙を流し、それまではあまりラグビーを見てこなかった人たちを興奮、感動させました。あれから4年が経過し、日本で開幕するラグビーW杯。ファンは再現を期待していますが、お二人の期待のほどを教えてください。

菊谷「期待は十分にあると思いますよ。8月の3戦(PNC=パシフィック・ネーションズ・カップ。3連勝で8年ぶり優勝)で、あれだけ安定して戦えるチームになっているのは強化が進んでいる証拠。エディー(エディー・ジョーンズ前HC)の時も良いチームだったけど、今はサンウルブズもあって、全体的な底上げができている。

 若い選手も出てきたし、代表に選ばれた31人以外のメンバーにも相当数の候補がいた。以前だとほぼ固定されていた印象。間違いなく層が厚くなっている。15人誰が出てもそん色ない。そのチームでこれだけ安定した試合をできているのは、4年前とは違うところだと思います」

廣瀬「僕もそう思います。マインドセットが明らかに変わった。例えば2012年頃だったら、海外のチーム、選手は強いだろうなと引いていた部分はある。今は対等に見える。ビビっていない。そこは明らかに変わってきましたね」

菊谷「目標は決勝トーナメント進出の8強入りに置いているけど、僕は可能性は全然あると思う。俊朗はどの試合が大事だと思う?」

廣瀬「僕はやっぱりロシアとの開幕戦。そこでいい試合ができれば、次にもいい準備をしていける。勝つのが当然だけど、内容も求めていきたい。しっかり自分たちのラグビーにチャレンジできているのか。自分たちらしさをどんどん出してほしい。(ロシアは)格下と思われているけど、守りにいってはいけません」

菊谷「絶対に弱くないしね」

廣瀬「怖いですよ」

菊谷「ロシアより、冷静に見れば日本が上かもしれない。だけど逆にロシアは情報が少ない。どういうところでスイッチを入れてくるのかわからない。フィジカル面も弱いわけがない。油断はできない。勝ち負けはもちろん、けが人が出ないかも心配。緊迫した試合になればいいが、緊張もほぐれて少し余裕が出てきた時に、けが人が出てしまうこともある。そうなると大きな痛手。そこも含めていい入りが出来ればいいですね」

廣瀬「キクさんはどの試合に注目してますか?」

菊谷「もちろん初戦も大事だけど、個人的には最終戦かな。前回大会で唯一負けたスコットランド。そこで勝って、トーナメントを決めて欲しいなと。その前に決まっていたらいいけど、そう簡単にはいかない。3勝していても、アイルランド(第2戦・28日)に負けていても、スコットランドにいい試合をして、プール戦を締めくくれるか。楽しみな試合になるのは間違いありません」

1/3ページ

最終更新:9/18(水) 17:03
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事