ここから本文です

なぜ「食欲の秋」は食欲が増すのか 意識したい“カロリーセーブ”の工夫

9/18(水) 16:16配信

THE ANSWER

連載「働く人の食事術」―気をつけたいカロリーの摂りすぎ

 忙しく働く大人世代が日常のパフォーマンスを上げる方法を“食”から考える「THE ANSWER」の連載「働く人の食事術」。Jリーグやラグビートップリーグをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が日々のパフォーマンスを上げる食事術を指南する。

【図表】ダイエットの参考に…「ご飯、パスタ、うどん、食パン」、エネルギー量が多く脂質が少ないのは?

 9月を迎えて暑さが和らぐと、増してくるのが食欲。「食欲の秋」との言葉がある通り、食べ物がおいしい季節になる。しかし、秋になると、なぜ食欲は増すのか。体重維持のために気をつけるべきポイントとは――。橋本氏が栄養士の観点から助言する。

 ◇ ◇ ◇

「食欲の秋」がやってきました。日本の秋は言葉通り、おいしい山の幸・海の幸が豊富。街にはいも・栗・かぼちゃのスイーツが並ぶなど、食欲を掻き立てる食が充実しています。

「食欲の秋」という言葉は、体の機能からみても、いい得ています。食欲が増す理由の一つは、涼しく過ごしやすい気候になるとともに、暑さや夏バテで低下していた食欲が自然に回復するため。そしてもう一つは、秋から冬にかけて、自然と基礎代謝があがるためです。

 日本人の体は外気温が下がると、基礎代謝が上がります。これは、外気温が体温を保持できるように、熱産生が高まるため。じっとしているだけでも熱を造り出すので、夏よりも多くのエネルギーを消費します。すると体は使った分のエネルギーを補給しようと、「もっともっと!」と渇望するため、お腹が空くと考えられています。

 例えば、シーズン中のウィンタースポーツの選手は、他のスポーツ選手と比べると、炭水化物や甘いものを欲する頻度が高くなります。やはり寒い環境に身を置いているため、体が「エネルギーを作ろう」と代謝のターボスイッチが入るためです。チョコレートやおにぎり、ホットココアなどは、彼らにとって欠かせない補食なのです。

 とはいえ、アスリートは食べた分、体を動かしていますが、一般の人は食べる気持ちが勝って、消費カロリーはそれほど減っていないかもしれません。いくら体が渇望しているとはいえ、食べたい気持ちに任せては、いつの間にか、カロリーオーバーに、体重増加につながる可能性も大。しかも日本では「食欲の秋」であると同時に「実りの秋」。旬の食材も豊富です。

1/2ページ

最終更新:9/18(水) 16:16
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事