ここから本文です

斎藤工、「最上の命医」で演じる天才小児外科医は「目標みたいな存在」

9/18(水) 6:00配信

ザテレビジョン

斎藤工が天才小児外科医・西條命(さいじょうみこと)を演じる、「ドラマスペシャル『最上の命医2019』」が10月2日(水)に放送(夜9:00-11:09、テレビ東京系)。

【写真を見る】院内大パニックの極限状態で西條命(斎藤工)がオペに挑む

2011年1月の連続ドラマから始まり、2016年と2017年にスペシャルを放送した人気シリーズで、本作では誘拐や脱獄などさまざまな事件が起こる中、命はシリーズ史上最悪の極限状態で、最難関のオペに挑む。

今回、主演の斎藤が取材に応じ、見どころを語ってくれた。

■ “点”で何を残せるか

――今回で西條命を演じるのは4回目ですが、一番最初に演じた時との変化について教えてください。

僕自身の伸びしろみたいなものは見いだせないのですが、原作が今ある医療と向き合っている内容のため、オペの仕方や器具など医学的な進化による環境の違いはあります。そういった変わりゆくものと、命の変わらない精神性のコントラストはどんどん強くなっている感じはします。

――シリーズ化されている作品だからこそのやりがいと、難しさはありますか?

シリーズを網羅して、“線”として捉えていただいている視聴者の方々に支えられていますが、“点”で何を残せるか、一つの“点”がどう届くかが勝負だと考えます。また、これまでと同じスタッフの方と今回もご一緒して、あうんの呼吸というか、台本にはない意識の共有ができているので心強いです。

2011年の連続ドラマ放送中に東日本大震災が起こったこともあり、僕にとってこの作品は、主演だからという以上に、意味があります。現代医療と小児外科の問題は、解決しない事例としてあり続けるので、このシリーズは「じゃあここで終わりです」というピリオドが僕の中で見えないです。

■ 岸谷五朗の圧倒的存在感

――撮影で印象的だったシーンを教えてください。

今回は拳銃が出てきたり、シリーズ史上最大のサスペンスの展開があります。中でも印象的だったのが、(脱獄犯・佐久間役の)岸谷五朗さん。岸谷さんが現場に入られた時、役そのもので圧倒的な存在感でした。

命は、これまでもいろんな壁や大きな存在に対面してきましたが、佐久間はとてつもないものを背負っていて。医者としてというより、人としての対話が今回の物語の鍵になっています。

岸谷さんがクランクアップした時には、熱い握手を交わしました。たくさんお話をしたわけではないですが、岸谷さんの体温から僕らがこの作品に捧げたものが伝わってきました。とにかく心が動く現場でした。

台本にせりふやト書きが書かれていますが、それを俳優が演じることによって「魂は魂にしか動かされないんだな」と思いました。

――これまで演じてきた中で学んだことは何ですか?

命は、自己に向けるパワーより、他者に向けるエネルギーの方が大きいです。連続ドラマでは描かれていたんですが、自分の病気のことよりもそれ以上に他者の未来。自分の優先順位を、他社に向けられることのできる強さは素晴らしいですよね。

これだけ長く寄り添ってきたキャラクターだからこそ、目標みたいな存在になっています。

■ あらすじ

命は、看護師の多岐川菜月(田中麗奈)と共に房総の田舎町の診療所で臨時医師として働いていた。チョークをかじる異食行動の女児・中園柚をケアする一方、手術不可能と診断された男児をオペで救うため、東房総医療センターの中込隆三院長(村田雄浩)の協力要請を受けていた。

そんな中、房総刑務所に服役していた佐久間耕作(岸谷)が脱獄したというニュースが世間を騒がす。そして柚が突然姿を消してしまう。

(ザテレビジョン)

最終更新:9/18(水) 6:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事