ここから本文です

SKE48の6期生が“神々の領域”に足を踏み入れた! 悲願のZepp単独ライブを実現

9/18(水) 7:00配信

ザテレビジョン

SKE48の中堅にして、一大勢力でもある6期生にとって近年の悲願だった「SKE48 6期生 Zepp Nagoya 単独ライブ~今までと、これから~Supported by ゼロポジ」が9月11日にZepp Nagoyaで開催。チケットは完売、約1500人のファンが会場に集結した。

【写真を見る】ライブ終盤には、9月末でSKE48を卒業する北川綾巴に代わって、北野瑠華が「SKE48 ZERO POSITION」の新MCを務めることが発表

ライブ終盤には、9月末でSKE48を卒業する北川綾巴に代わって、北野瑠華が「SKE48 ZERO POSITION~チームスパルタ!能力別アンダーバトル~」(毎週土曜夜11:00-11:30、TBSチャンネル1)のMCに就任することが発表。

このライブの舞台裏ドキュメントが10月に「ゼロポジ」で放送される他、ライブ本編も当日の生放送に続いて10月18日(金)に再放送される。

■ 6期生の原点に帰るナンバーからスタート!

2017年9月に開催された「AKB48グループ ユニットじゃんけん大会」に、彼女たちは「栄6期生」として“Zeppでの単独ライブ”を目標に掲げて参戦。惜しくも準々決勝で敗れたものの、翌2018年8月には赤坂サカスでの単独ライブを実現した。

そして、北川の卒業直前というこのタイミングでついに悲願達成。2012年のシングル曲「今日までのこと、これからのこと」を思い起こさせるライブタイトルに、SKE48の歴史へのリスペクトを感じさせた。

overtureが鳴り響いた後、舞台裏のメンバーたちの生中継映像がステージ上のスクリーンに映し出される。じゃんけん大会の衣装をまとったメンバーたちが喜びを隠しきれない様子で意気込みを語っていく中、井田玲音名の目には早くも涙が。

ライブは6期生が初めて劇場に立った研究生公演の表題曲「会いたかった」からスタート。さらに、研究生公演としては初めてのSKE48オリジナル演目となった「制服の芽」のオープニングナンバー「恋を語る詩人になれなくて」へとつなぐ。

そんな6期生の原点に帰る幕開けに続いて「片想いFinally」「オキドキ」と、彼女たちの加入直前のシングル曲へ。

「オキドキ」ではイントロ前に青木詩織が客席に向かって「1階席!」とコールして曲名のレスポンスを促すが、次の曲を告げられてない観客がどう返していいか分からずにいる中、他のメンバーが「オキドキ!」とフォローするひと幕もご愛敬。

■ 「栄6期フェスティバル」前半はユニット曲コーナー

最初のMCに続いては6期生の秘蔵写真を公開しつつ、次のコーナー「栄6期フェスティバル」のスタンバイ。各メンバーのセレクトによるユニット曲などが披露されていく。

北川セレクトのナンバーは「前から歌いたかった」という柏木由紀&渡辺美優紀の「ハートの独占権」を青木とのペアで。間奏ではかつての動画の再現だという2人の笑える掛け合いも見せた。

北野セレクトは「逆上がり」公演から「抱きしめられたら」を竹内彩姫、熊崎晴香と3人で披露。「ふだんはダンス曲に選ばれることが多いけど、20歳になったし、こういう大人っぽい曲も」と選曲理由を語った。

日高優月のセレクトは宮脇咲良のソロ曲「夢でKiss me!」。「咲良さんに似てるって言われるので…顔がむくんださくらたんって(笑)。こんなかわいい曲を1人で歌わせてもらう機会もないので、自分で選びました」と日高。

鎌田菜月は研究生公演でも歌っていた「涙の湘南」をセレクト。北川、青木、井田、熊崎の5人で歌う曲の歌い出しのパートを務め、客席からはおなじみの「か・また・な・つ・き!」コールが飛んだ。

■ メンバーに縁の深いナンバーを続々と披露

「栄6期フェスティバル」後半は井田セレクトの「シアターの女神」からスタート。「皆さんにとってシアターの女神になれたら…というのと、須田亜香里さんのパートをやりたかったから(笑)」と、“須田会”メンバーならではの理由を明かした。

青木は「ファンの皆さんと勝ち取ったシングル曲選抜」だという「SKE48 Passion For You」のCMソング「奇跡の流星群」をセンターで披露。「普段は1位は取れないので(笑)」という彼女の言葉に、北川は「『そんなことないよー!』って、こういうときに言うんだよ、みんな!」と客席に呼び掛けた。

竹内は「13歳のころに歌っていた」という「背中から抱きしめて」をセレクト。「いつもイントロで盛り上がるので、それが聞きたかったのと、当時はきっと歌詞の意味も分からずに歌っていた曲を心を込めて歌いたかった」と語った。

コーナーの最後を締めた熊崎のセレクトは、オリジナルメンバーのセンターを務めた「制服を着た名探偵」。「私にとって大事な曲を大事な仲間たちと歌いたかった」と言うと、観客はもちろんメンバーたちも照れくさそうに歓声を上げた。

■ 終演後も予定外の「オキドキ」で弾けまくり

ここで、北川から「この公演も残り3曲になりました」と告げられると、客席からはお約束の「えー!?」の声。それを受けて、北野が「6期生がSKE48を引っ張っていこうと思えるようになったのは、先輩の背中があったから。新しいSKEを作るのはもちろん、先輩から受け継いだものを守りたい。そんな8人の思いを込めて歌います」と語り、客席が静まりかえる。

そんな中、流れてきた「神々の領域」のイントロに客席は大きなどよめきに包まれる。数々の大事な場面で歌われてきた1期生の楽曲。この曲を6期生だけで歌うという決意表明に喝采が送られた。

続いて、SKE48の最新シングル「FRUSTRATION」、再び「会いたかった」公演から「未来の扉」とつないで、ライブ本編は終了。

アンコールは通常の「SKE!」「48!」といった掛け合い形式でなく「6期! 6期!」の連呼に。

この日のために8着限定で作ったというTシャツで登場したメンバーは「意外にマンゴー」で盛り上げ「Vacancy」では客席一体となってタオルが振り回された。

最後のあいさつで北川が卒業の心境を語り終えた後、竹内が「はいっ!」と挙手。卒業発表のような切り出し方に客席が一瞬ドキッとする中、北川に"ある方"から手紙が届いていると告げられる。

その送り主が北川あこがれの宮澤佐江で、客席にも来ていると明かされると大歓声が起こった。

ラストナンバーは「ファンの方への感謝の気持ちを込めて」という「ファンレター」。「初めて会ってから3年の月日が過ぎ去って」という冒頭の歌詞を「6年」に置き換えた6期生バージョンで披露した。

その後、横1列になってのあいさつを終えると、BGMにうっすらと流れ始めた「オキドキ」をメンバーが歌い始め、スタッフもボリュームアップ。

客席も大盛り上がりになって最後まで歌い切り、再びあいさつすると、またも「オキドキ」が流れて、エンドレスな様相に。3度目のあいさつで終演へと向かった。

ここで最後までステージに残った北川が北野を呼び込み、自分の後任として「ゼロポジ」のMCを任せることを発表。まさに6期生の“これから”を伝えるラストで、念願の単独ライブを締めくくった。

■ セットリスト

0 overture

1 会いたかった

2 恋を語る詩人になれなくて

3 片想いFinally

4 オキドキ

5 ハートの独占権(北川綾巴、青木詩織)

6 抱きしめられたら(北野瑠華、竹内彩姫、熊崎晴香)

7 夢でKiss me!(日高優月)

8 涙の湘南(鎌田菜月、北川、青木、井田玲音名、熊崎)

9 シアターの女神

10 奇跡の流星群

11 背中から抱きしめて

12 制服を着た名探偵

13 神々の領域

14 FRUSTRATION

15 未来の扉

EN1 意外にマンゴー

EN2 Vacancy

EN3 ファンレター(ザテレビジョン・取材・文=青木孝司)

最終更新:10/2(水) 17:46
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事