ここから本文です

大丸心斎橋 本店がグランドオープン!「心斎橋フードホール」の全店を紹介

9/18(水) 17:00配信

ウォーカープラス

オープンな会話が弾む食事スタイルで人が集まることの楽しさを提供する「心斎橋フードホール」が大丸心斎橋 本店地下2階に登場。ニューヨークの最新環境を取り入れた五感が刺激されるライブキッチンに期待大!個性豊かな全13店をご紹介。<※情報は関西ウォーカー(2019年20号)より>

【写真を見る】イチオシはとびきりのフカヒレ姿煮ごはん(1980円)。フカヒレの姿煮を一枚丸ごとのせた贅沢な逸品/日本橋 古樹軒

■ Artisan DE LA Truffe Paris

お手ごろな価格でトリュフ料理が楽しめる、パリに本店のあるトリュフ料理専門店。自然の中で生み出された高品質なトリュフをたっぷり使った料理が並ぶ。トリュフ塩とトリュフオイルをセットにした人気のギフトBOXは3000円とお買い得。

フレッシュトリュフとハム、ブリーチーズ、レタスなどが織り成す、香りや風味がたまらないバゲットサンド。バゲットのパリパリ食感と共に味わって。

■ UPGRADE Plant based kitchen

世界初の特許製法による新豆乳素材や、注目の食材「大豆ミート」を使用した多彩なデリを販売する。植物性食材をベースとした、大丸心斎橋店でしか味わえない“ひとつ上の大豆のごちそう”を、さまざまな料理で楽しんで。

■ あげもんや六覺燈

ミシュラン一つ星に選ばれた、串カツとワインの店「六覺燈」が新たに提案するのは、卵、乳製品不使用でグルテンフリーの揚げ物。素材にこだわった、ローカロリーでヘルシー、女性にもうれしいさまざまな絶品揚げ物を提供する。

■ 日本橋 古樹軒

本格中華食材の専門店が手がける日本発の中華料理店。フカヒレの贅沢な食感や風味を手ごろに、さらにおいしく味わえる。ご飯物以外にも、同じクオリティのフカヒレを使用した麺物も提供するので、そちらも楽しんで。

■ 肉料理専門店バル VOLER

「肉専門店スギモト」が提供する最高品質の肉と、パリの三つ星レストランの副料理長を務めた田熊一衛氏が監修した料理をサーブ。精肉売場の神戸牛や松阪牛も調理OKで、100gから肉のボリュームが選べるサービスもある。

■ Coffee Taster HAMAYA

専属のコーヒーテイスターが専門的な知識を交えながらオーダーを聞き、コーヒーを提供する。コーヒー豆を販売するだけではなく、コーヒーのいれ方のアドバイスなども受けられる。

■ 魚BAR

鮮度抜群の魚介をプロの職人が手間ひまかけて料理する。鮮魚店直営ならではの鮮度とボリュームにこだわった、寿しや各種海鮮丼に舌鼓を打とう。鮮魚店らしい活気あふれる接客も魅力。

■ Laboratorio Mangia 大丸心斎橋店

輸入商社を母体とし、こだわりの生ハム、チーズ、バターの販売はもちろん、料理としても楽しめる。長期熟成の生ハムや海外のバターを生かしたメニューの数々は、満足すること間違いなし。

■ 道頓堀 今井

1946年の創業以来、変わらぬ“だし”へのこだわりと味を守り続けるうどん店。名物のきつねうどんや親子丼などの人気メニューのほか、テイクアウトやギフト商品も取りそろえる。

■ 世界酒BAR セカサケ

日本と世界の希少&入手困難な酒を気軽に味わえるバー。特に日本酒とワイン、焼酎のラインナップはレアものばかりがそろい、ソムリエやきき酒師がいるので、好みの味を相談してみよう。

■ マンゴツリーキッチン“ガパオ”

タイ・バンコクに本店を持つ「mango tree」の姉妹店で、タイの屋台のようにクイックでコンパクトな本格タイ料理の専門店。絶品ガパオライスを、イートインでもテイクアウトでも味わえる。

■ YUNYUN

神戸・南京町で人気を集めるビーフンと焼小籠包の専門店が心斎橋に。「ケンミン食品」直伝の焼ビーフンのほか、点心師が手包みする焼小籠包など、台湾フードや中華点心を気軽に味わえる。

■ たこ家 道頓堀くくる

道頓堀に本店を構える名店。ダシを効かせた生地はふわふわ、とろとろ食感で、プリプリの大ダコを使用し日本中で愛されている。明石焼のほか、おでん、多幸寿司なども堪能できる。

■大丸心斎橋 本店<住所:大阪市中央区心斎橋筋1-7-1 アクセス:地下鉄心斎橋駅と直結>

(関西ウォーカー・編集部)

最終更新:9/18(水) 17:00
ウォーカープラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事