ここから本文です

松岡昌宏のあふれる“TOKIO愛”にメンバー大照れ!

9/18(水) 12:00配信

ザテレビジョン

9月18日(水)放送の「TOKIOカケル」(毎週水曜夜11:00-11:40、フジテレビ系)に、博多華丸・大吉が出演。博多大吉が「芸能界で一番、一緒に飲んでいる」という、松岡昌宏のプライベートを暴露する。

【写真を見る】博多華丸・大吉が、“アイドル芸人”として活動していたころの映像も登場!

■ 松岡昌宏の“TOKIO愛”にメンバー大照れ

国分太一から「プライベートの松岡はどういう感じなんですか?」と尋ねられた大吉は、「いい機会だから言わせてください」と張り切り、「めちゃめちゃメンバーのこと大好きですよ」と明かす。

「ちょっとした合間でもよく出てきますよ、お三方の名前が。プライベートでもロケ中でも。これをリーダー(城島茂)にやらせたら…、あいつも格好良いけど、うちのボーカルにはかなわないよ…とか。とにかくお三方への愛が深い」と、松岡の深い“TOKIO愛”を語り、松岡だけでなく、メンバー全員が大照れ。

いつでもどこでも松岡からは3人の名前が出てくるそうで、「愛されてますよ! そういったおつもりでいた方がいいですよ!」とニヤリとしながら、具体的なエピソードを挙げていく大吉。

「それは初耳! 知らない一面ですね」と驚く国分も、「大吉さんの名前も、よく聞きます」と明かす。松岡の大吉への愛も明らかになり、照れまくる松岡は「何の三者面談なんだ!」と思わず立ち上がる。

■ “アイドル芸人”時代の博多華丸・大吉

TOKIOがゲストの知られざる一面を引き出すため、今まで聞かれたことがないであろう質問をゲストにぶつける企画“博多華丸・大吉の生まれて初めて聞かれました”では、「フジテレビで最も古い“華大”は?」という質問で、フジテレビにある博多華丸・大吉の最古映像を紹介。

25年前、当時24歳の華丸と、23歳の大吉が“アイドル芸人”として活動していたころの映像で、「ゴールデンタイム」(1994年)の初回放送に、2人は“福岡の大スター博多発のお笑いコンビ”として登場していた。

「“明太子カラー”と呼んでいたと思う」というおそろいの赤い衣装を着た2人が、ファンたちの黄色い声援を浴びながら、サインをせがまれている映像が流れ、「恥ずかしい…」と苦笑いを見せる。

オンエアを見て大反省したと語り、半年で終了してしまった「ゴールデンタイム」について、「初回で自分たちが失敗したからでは…と、責任を感じた」と吐露。

この時の自分たちへ伝えたいことがあるか聞かれ、華丸が言いたいのは「やめるなよ」の一言だという。

実は、大吉は「やめようと思ったことが多かった」そうで、1年休養していたことを告白。そして、その時にTOKIOのメンバーが大吉に衝撃を与えたと話す。

ほか、他局の収録中の楽屋に「TOKIOカケル」のカメラが密着した映像や、華丸が優勝した「R-1ぐらんぷり2006」決勝前夜の大げんかのエピソードなど、博多華丸・大吉の意外な一面が、TOKIOによって明らかになっていく。(ザテレビジョン)

最終更新:9/18(水) 12:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事