ここから本文です

吉沢亮、初めてのアニメ声優挑戦で「今までにないくらいはっちゃけた」

9/18(水) 6:00配信

ザテレビジョン

10月11日(金)公開のアニメーション映画「空の青さを知る人よ」のブルースカイプレミアが9月17日に東京都内で開催され、声優を務めた吉沢亮が、吉岡里帆、若山詩音、落合福嗣、大地葉、種崎敦美、松平健、長井龍雪監督らと共に登壇した。

【写真を見る】“国宝級イケメン”と言われる吉沢亮、トーク中のバッチリカメラ目線など…全40枚

本作は、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」の長井監督、脚本家の岡田麿里、キャラクターデザインの総作画監督の田中将賀が再結集して描く長編アニメ映画。

過去と現在をつなぐ、切なくてちょっと不思議な“二度目の初恋”物語が繰り広げられる。

「あの花」「ここさけ」など、長井監督のファンだったという吉沢。「不安は正直あります。参加させていただけたのはすごく光栄なことでもありつつ、その作品の邪魔をしちゃいけないというプレッシャーがあったので。

そんな中に皆さんに見ていただいて、ちゃんと邪魔しない形になってればいいなという思いです」と吐露しつつも、「でも物語は100%面白いので、そこは安心して見ていただきたいです」と力強くコメント。

吉沢の告白に、長井監督は「何をおっしゃるという感じですね」と驚き、「堂々とメインを張っていただきまして。これから見る方々は本当に驚かれると思うので、最初に心の準備をしていただきたいくらいです。うそじゃなく素晴らしくて、皆さん本当に期待してもらって大丈夫です」と吉沢の演技を絶賛した。

また、吉沢は今作がアニメ声優初挑戦になるが、声優ならではの役作りへのアプローチを問われると「表情とかしぐさで伝えられない分、どこまでその声に感情をのせられるのかと考えて。

普段のお芝居の5、6倍くらいのテンションで芝居をしている感覚で、今までにないくらいはっちゃけたりとかもありましたね」と打ち明け、「いろんな発見があって。大変だったけど、楽しかったです」と笑顔で振り返った。

■ 吉沢「これ主題歌なの? えっ、先言って」

劇中では、あいみょんが歌っている主題歌を披露するシーンも。

吉沢は収録の際、あいみょんが歌ってる主題歌だとは知らなかったそうで、「しばらくたってから予告を見たら、あいみょんさんが歌っていて。『これ主題歌なの? えっ、先言って』ってビックリしました」とエピソードを披露。

続けて「逆に知っていたらプレッシャーで歌えなかったかもしれないですね。そのゆるさがちょうど良かったのかな」と照れ笑いしていた。

さらに映画タイトルにかけて、あの頃の自分はまだまだ青かったなという瞬間を明かし合う一幕も。

「今でもずっと青いんですよね」という吉沢は、高校時代のエピソードを告白。

「友達は2、3人の固定の友達以外とはしゃべらず、本当に根暗なグループで、カーストで言うと一番下みたいなとこにいたんです」と打ち明け、「そうだったあまりに、いわゆるリア充みたいな人たちの悪口をずっと言ってました」と明かす。

高校時代にキラキラしてるモテそうな男の子たちに対して、「『別にカッコよくないから』みたいなことをずっと裏で言っていて、青いというよりは黒かったですね。どす黒めの青みたいな、そっち寄りでした」と言い、会場の笑いを誘っていた。

そんな吉沢だが、2021年の大河ドラマ「青天を衝け」(NHK総合ほか)で主演を務めることが先日発表に。タイトルにかけ、「真っ青ですからね。フレッシュで頑張りたいです」と意気込んでいた。

最後には、「この作品はどの世代の方が見てもキュンキュンするし、切なくなるし、ささるものもたくさんあり、最後にはポジティブな気持ちで帰ってもらえるような作品」とアピールし、「僕自身、アニメは好きで、アニメファンとして全力でやらせていただいたので、楽しんでいただけるとうれしいです」と笑顔で呼び掛けた。

(ザテレビジョン・取材・文・撮影=TAKAMI)

最終更新:9/18(水) 14:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事