ここから本文です

濱口優、九九で一番得意な“0の段”を披露!<笑われるニホン語>

9/18(水) 9:18配信

ザテレビジョン

バナナマンがMCを務める「あなたの日本語大丈夫?笑われるニホン語」(夜6:55-9:00、テレビ東京系)の第二弾が9月18日(火)に放送。石原良純、カミナリ(竹内まなぶ、石田たくみ)、島崎和歌子、濱口優、久本雅美、ビビる大木、丸山桂里奈、若槻千夏が出演する。

【写真を見る】濱口優は九九が苦手だと暴露する日村勇紀

同番組は、日本語を得意げに語る芸能人にテストを実施。そこで出た芸能人の“間違った解答”を日本語のプロたちから駄目出しされ、笑われてしまうという番組。

■ 濱口優「バカがテレビに出る時代はもう終わった」

「ニホン語常識テスト」のコーナーでは、慣用句、ことばの語源、ことわざ、若者がアップデートしている日本語など、さまざまなジャンルから出題される。

「バカがテレビに出る時代はもう終わった」と自信を見せる濱口は、緑のおじさん・パー助(日村勇紀)に九九が苦手なことを暴露され、一番得意な“0の段”を披露。

また、長男を英才教育しているという若槻は、「おバカキャラを封印したい」と意気込む。

■ 若者によりアップデートされ続けてる言葉を紹介!

「梅屋敷イブニングニュース」は、元NHKアナウンサー・加賀美幸子が「ワンチャン、テンあげ、鬼かわ…」などの若者言葉を駆使して読み上げるニュースを、誰にでも分かる日本語に変換するコーナー。

■ 現役住職からお葬式にふさわしい日本語を学ぶ!

また、「笑われる夜の奥さま劇場」では昼ドラ風のショートドラマを通して、大人が知らないと笑われてしまう日本語を紹介する。テーマは「お葬式」。香典袋を渡すときにふさわしい言葉などを学ぶ。

■ バナナマン・設楽統コメント

この二人が並んでいて“MC”なんですよ。MCなのかなって(笑)。

日本語という、普段から使っている言葉を学ぶ「教養バラエティー」って言うんですかね? 小学校のドリルに載っている日本語や、ビジネス用語まで、問題が幅広くてすごく面白いですよね。新しい形のバラエティーなのは間違いないです。

ただ、今回紹介した若者言葉は全然わからなかったですね…。変な感じの番組なんですが、とっても面白いです。ぜひご覧ください。

■ バナナマン・日村勇紀コメント

こういう格好をして、こんなに笑わせようとしているお笑い芸人って、最近あまりいませんからね(笑)。カッパって思われがちなんですけど、カッパじゃないんです。カッパの要素は少しあるけどね。

じゃあ何かって? それを聞くのは野暮でしょう(笑)。

■ 小高亮プロデューサーコメント

「え!? 声を“荒げる”じゃなくって“荒らげる”が正しいの?」四十数年生きてきて、そこそこ日本語の使い方に自信を持って過ごしてきたつもりでしたが、まだまだ知らなかったり、間違って使っている言葉が多いことに気付かされます。

目上の方に「了解しました」もNG。何度メールやLINEに書いてしまったことか。そんなビジネスシーンでも役立つ問題から、小学校で習うような慣用句の使い方まで、幅広く、それでいて「へ~!」と驚くような問題が満載の“クイズ番組の形をしたお笑い番組”です。

この番組を見ていただければ、たくさん笑った後に自然と日本語の知識が身に付いていると思います。

(ザテレビジョン)

最終更新:9/18(水) 9:18
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事