ここから本文です

中井貴一、『記憶にございません!』大ヒットで見に行けず「全部満席で前から3列目しか空いてない…」

9/18(水) 20:07配信

ザテレビジョン

9月13日公開の映画『記憶にございません!』の大ヒット御礼舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ日比谷にて行われ、本作監督の三谷幸喜、俳優の中井貴一、ディーン・フジオカが登壇した。

【写真を見る】“特大クラッカー”を発射され、中井貴一も驚きの表情

本作は、記憶をなくした総理大臣・黒田(中井)が奮闘する様子を描いた作品で、公開6日間で80万人の観客動員数、10億円の興行収入を記録したことを祝してイベントが開催された。

3人はステージ上に登場すると、主演の中井が「多くのお客さんに見てもらえてうれしい。こういう風に舞台に立たせて頂いて、こういうことって大ヒットしないとないですから。皆さんに御礼申し上げたいと思います」と挨拶。

ディーンは「ディーン・タピオカ店長です」と自己紹介し客席の笑いを誘うと、監督の三谷は「公開される前からスケジュールに『大ヒット舞台挨拶』って書いてあったものですから…『大ヒットしなかったらどうしよう』と思ってたんですが、本当に大ヒットして良かったです!」とコメント。

大ヒットの反響を聞かれた中井は「僕も見られてないんですよ。いつも自分の映画は公開の翌日に行くんですよ。翌日の映画館調べたら満席で入れなかった。なので、日曜か月曜でいいかと思って調べたら、全部満席で前から3列目だけ空いてるんですよ。自分の映画3列目で見るのしんどいじゃないですか」とうれしい悲鳴を上げた。

三谷は、出演した木村佳乃から電話があったと言い「『草刈正雄さんがものすごい迫力で迫ってきた』っていうから聞いたら、『席が前から3列目だった』って(笑)」と映画館での盛況ぶりを物語るエピソードを語った。

イベント終盤ではこの日が誕生日の中井のために、好物だというハムカツで作られたケーキがサプライズで登場。「ケーキにするほど好きじゃない」と語りながらも、三谷とディーンが特大クラッカーで誕生日を祝った。

(ザテレビジョン)

最終更新:9/18(水) 20:07
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事