ここから本文です

ポルト監督、なぜ中島に激怒? 珍事勃発の理由を現地紙が指摘「容認できない欠如」

9/18(水) 6:40配信

Football ZONE web

ポルティモネンセ戦後にコンセイソン監督が中島に詰め寄り、腕をつかんで怒りの形相

 ポルトガル1部ポルトの日本代表MF中島翔哉は、現地時間15日の第5節ポルティモネンセ戦(3-2)で後半28分から途中出場したなか、試合後にセルジオ・コンセイソン監督から激怒され、チームメートが仲裁に入る珍事がメディアを騒がせている。指揮官が怒りを表した理由は「容認できない欠如」があったからだという。ポルトガルメディア「Noticias ao Minuto」が報じた。

【画像】ポルト監督、日本代表MF中島翔哉に激怒! 試合直後に腕を掴み、激しい口調で叱責…同僚仲裁の決定的シーン

 9月の日本代表戦2試合にスタメン出場した中島は、ポルトが2-0とリードして迎えた後半28分から途中出場。ところが中島投入の直後に流れが一変し、同29分に1点を返されると、同32分に日本代表DF安西幸輝に被弾して2-2に追いつかれる。後半アディショナルタイム、CKからスペイン人DFイバン・マルカノが値千金の決勝ゴールを決めて、ポルトが辛うじて3-2で勝利を手にした。

 歓喜に沸いたポルトイレブンだが、ポルトのコンセイソン監督は中島の元へ駆け寄ると、腕をつかんで振り向かせ、激しい口調で何やら言葉を浴びせかけながら激怒。一瞬、中島は驚いた様子を見せながら俯き、指揮官のあまりの形相に同僚のブラジル人MFオタヴィオと、メキシコ代表FWヘスス・マヌエル・コロナが仲裁に入った。

 ポルトガルメディア「Noticias ao Minuto」は、「中島に対するセルジオ・コンセイソンの怒りの説明」との見出しで、「コンセイソンは3ポイントを獲得しても、中島に対する怒りが収まらなかった」として、ポルトガル紙「レコルド」の報道内容を基に今回の一件を報じた。

 記事によれば、コンセイソン監督が中島の守備について、「容認できないコミットメントの欠如」があったと考えているという。そして「Noticias ao Minuto」は、「中島の消極的な姿勢はチームのバランスを崩した。ポルティモネンセの安西が最終的に中島のいるサイドからチーム2点目を挙げた」と分析している。

 中島とコンセイソン監督の関係性は、しばらく波紋を呼び続けることになりそうだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:9/18(水) 12:59
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事