ここから本文です

「マルチタスク」が苦手でも心配することはない

9/18(水) 11:00配信

東洋経済オンライン

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

はじめまして。このキャリア相談ではしばしば、将来は自分でつくりあげるものだから、失敗は成長材料にしてポジティブに、とおっしゃっていますね。私は今の自分に不安が拭えず、前に進み出せません。どうかアドバイスをいただけたらと思います。
現在、社会人3年目、営業事務をしています。今の勤め先は2社目で、入社してから8カ月ほどになります。ファイリングや電話の取り次ぎが主業務の前社からスキルアップを望んで入社しましたが、うまくいきません。

スピードを求められるうえ、苦手なマルチタスクな面もあるため、大小ミスが重なります。なくすための努力はしているつもりですがあおられたり、できていないところを問い詰めるような先輩の言動に萎縮してしまい、必ずしもうまくいきませんし、仕事上の必要な会話もしどろもどろになってしまいます。
そういったことがつらく、職場を離れてしまうことが2度ほどありました。職場に迷惑をかけるのはもちろんですが、自分のことも嫌になります。一方できつくあたってくる先輩への対処法など親身になってくれる先輩もいます。

そんな中で1日1日やりきるつもりでいても、どうしてもめげてしまいます。職場での信用がない、社会人としてなっていないと思ってしまいます。
卑屈にならず、あるべき自分の姿をどう見つけだし、進むべきでしょうか。転職も考えていますが、こうしたことを繰り返してしまっては元も子もないです。アドバイスのほどお願いいたします。
営業事務 お茶っ葉

■まずは「できた経験」の積み重ねを

 スピードを気にしたり、マルチタスクをこなすことはまずは考えず、1つのことを完璧にこなすことで「できた経験」を積み重ねていきましょう。

 転職した会社において、ミスが重なってしまう現状は非常に苦しいでしょうし、自信がなくなってしまう気持ちもわかります。

 作業におけるミスやそのことに起因する先輩からの叱責が重なり、自信をどんどんなくしてしまっているお茶っ葉さんの姿が目に浮かびます。

 しかしながら、まだ社会人3年目ですから、現状の自分が永遠に続くという前提で、将来の自分に対してまで自信を失ってしまう必要はまったくありません。

 とはいえ、現状を打破しないことには前に進むことも、将来の展望を描くことも困難でしょう。そのような状況において、一番避けるべきは逃げることと過度に焦ることです。

1/3ページ

最終更新:9/18(水) 11:00
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事