ここから本文です

フランス、来季よりリーグカップの廃止を決定。リーグアンとフランス杯のみに

9/18(水) 23:48配信

フットボールチャンネル

 フランスプロサッカー機構(LFP)は、18日に開かれた総会においてクープ・ドゥ・ラ・リーグ(リーグカップ)を来季より廃止することが可決されたと発表した。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(10位~1位)

 クープ・ドゥ・ラ・リーグは、前身となる大会が1960年代から断続的に開催されたあと、現在の形では1994年から開始。リーグアン、リーグドゥ(2部)の全クラブと3部の一部クラブが参加し、トーナメント形式で行われてきた。優勝チームには翌年のヨーロッパリーグ(EL)出場権が与えられている。

 最多の優勝回数を誇るのは8回のパリ・サンジェルマン(PSG)。近年は2013/14シーズンから2017/18シーズンまでPSGが5連覇を達成していたが、昨季はGK川島永嗣も所属するストラスブールが14年ぶり4回目の優勝を飾っていた。

「この決定により大会日程が緩和され、選手たちはより回復の時間を持つことができる」とLFPは述べている。優勝チームに与えられていたEL出場枠は、リーグアンの順位によって与えられる形となる。またLFPは「大会を再開する権利を持つ」としており、将来的な再開催の可能性も閉ざしてはいない。

 日本ではYBCルヴァンカップに相当するリーグカップは、欧州では開催されていない国の方が多い。フランスの廃止により、主要国ではイングランド、ポルトガルなどが数少ないリーグカップ開催国となる。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:9/18(水) 23:48
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事