ここから本文です

錦戸亮の次は長瀬智也? 脱ジャニーズの「アーティスト志向」「アイドル活動への限界」

9/18(水) 14:45配信

デイリー新潮

 秦の始皇帝、カエサル、織田信長……。カリスマの死は、単にひとりの人間が物理的に消えるだけでなく、複合的な余波を生む。それは新たな混乱だったり、そして帝国の崩壊だったりする。芸能界のカリスマ、ジャニー喜多川氏が亡くなって2カ月が経過。さしもの「ジャニーズ帝国」も、やはり歴史の法則からは逃れることができないようだ。

【写真】イケメンすぎる錦戸亮

 それはあまりに「露骨」なタイミングだった。今月5日、ジャニーズ事務所の人気アイドルグループ、関ジャニ∞の錦戸亮(34)が、9月末日をもって事務所を辞めることを発表したのだ。その前日、東京ドームではジャニー氏のお別れの会が開かれていた。つまり錦戸は、ジャニー氏の喪が明けるのを見計らい、いわばあてつけのような形で退所を公表したのである。

「錦戸の退所は既定路線でした。原因は、芝居と歌へのこだわりを強めていた錦戸の『脱バラエティアイドル』志向です」

 と、スポーツ紙の記者が解説する。

「そのため彼は、バラエティ色の強い同じ関ジャニメンバーの村上信五、横山裕との確執を深めていて、『村上なんかと一緒の席で飲みたくない』と知人に言っていたほど。錦戸としては、本当は7月14日から9月3日まで行われていたドームツアーにも出たくなかったんですが、事務所に説得されて渋々ステージに立っている状態でした」

 言ってみれば「我慢の限界」に達していた錦戸は、6月末にも退所を発表したがっていたという。しかし、

「ちょうどその頃、ジャニーさんが倒れてしまったので、今回のタイミングとなった。ジャニーさんに義理さえ果たせば、それでいいでしょというわけです」(ジャニーズ関係者)

 こうした経緯で事務所と決別した錦戸は、

「アーティスト志向が強く、ジャニーズを去ってミュージシャンに専念した赤西仁(元KAT-TUN)とつるんでいて、いろいろと相談に乗ってもらっていた。今後は、赤西と同じレコード会社の厄介になるのではという話もあります」(音楽業界関係者)

1/2ページ

最終更新:9/19(木) 10:19
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事