ここから本文です

ACL4強を決めた阿部勇樹の誇り。「ここは埼玉スタジアムだから」

9/18(水) 17:01配信

Number Web

 「アウェイゴール、大きかったですね」

 試合終了後のミックスゾーン。誰もがそう感じたに違いない。

 9月17日、ACL準々決勝セカンドレグ。ホームに上海上港を迎えた浦和レッズは、39分に興梠慎三が先制弾を決め、60分に失点したが1-1で試合を終えた。上海でのファーストレグで2-2だったアウェイゴールの差で、浦和の準決勝進出が決定した。

 「試合には勝てなかったけれど、いっしょに次のラウンドへ進めた。その喜びを分かちあえた」と途中出場の阿部勇樹が語った。

 出場機会が少なくなった今季、阿部のリーグ戦先発はわずか4試合。しかもそのすべての試合で敗れている。

 直近のC大阪戦では、82分に2度目の警告で退場処分。その後浦和は失点し、この試合でも敗れている。

 それだけにACL準決勝進出を決めたこの日は、与えられたタスクを達成できた、サポーターへの責任(ある種の約束)を果たしたという安堵感を味わっていたに違いない。

 埼玉スタジアムでの上海上港戦。浦和の突破条件は、負けないこと。かつ1-1までのドローで試合を終わらせることだった。

4日前の反省と、阿部の意思統一。

 4日前のC大阪戦、阿部の退場は確かにショッキングな出来事だったが、残り約10分で1-1という状況を考えれば、守って勝ち点1を拾う選択肢もあった。残留争いが見えてくるほど低迷している現状、勝ち点1の価値は小さくない。リスクを犯さず、守ることに重点を置くのだろうと思っていた。

 しかし浦和は、あっという間に失点を喫した。チームとして「意思統一」ができていたかという疑問が残る試合だった。

 そして、上海上港戦。60分に追いつかれたあと、大槻毅監督はまず78分にエヴェルトンに代えて柴戸海を投入。続く83分、関根貴大と交代で阿部をピッチへ送り出した。守備的MFも含めて、守備の選手がピッチ上で集まる。

 「こういう展開になるというのはイメージしていた。ボールに対して誰が守備に行くかが曖昧になる危険性があったので、とにかく後ろからしゃべらなくちゃ、ダメだから」

1/3ページ

最終更新:9/18(水) 17:01
Number Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい