ここから本文です

いま話題の猫用全自動トイレは、本当に「買い」なのか

9/18(水) 8:46配信

女子SPA!

 最近、Twitter上では猫用の全自動トイレが話題になっています。家を空ける機会が多い方にとって全自動トイレは、とても便利なアイテムのように思えるはず。猫は環境が変わると強いストレスを感じてしまう動物だからこそ、長期連休の旅行時にペットホテルへ預けることをためらってしまう方も多いもの。そんな時、全自動トイレがあれば、住みなれたおうちでお留守番をしてもらえるのでは…? と思えてきます。

⇒【写真】話題の猫用全自動トイレ

 そこで今回は愛玩動物飼養管理士の筆者が、猫目線も加えながら「全自動トイレは買いか?」を考察! 実際に使用している方にも感想を伺ってきました。

全自動トイレの特徴とは

 全自動トイレは、猫がトイレ内に入るとセンサーが動き、排泄物を処理してくれるというアイテム。トイレ内を常に清潔に保て、飼い主さんの手間が減ることが大きな魅力となっています。

 現在、発売されている全自動トイレの中には部屋が暗くなると自動でナイトライトがついたり、汚れが気になってきたらパーツごとに分解し、お手入れができたりするものもあります。ロボット系の電化製品はお手入れをどうするかが1番悩みの種になってしまうものですが、これなら長く愛用できそうな気もしますよね!

猫目線で見た全自動トイレの欠点とは

 日常で感じるトイレ掃除の手間を減らせ、外出時にも役立ってくれる全自動トイレは飼い主さん目線で見ると、いいことづくめなアイテムのように思えます。しかし、猫目線で見てみると、大丈夫かな…? と思う部分もちらほら。

 そのひとつが、トイレの形。全自動トイレはカバーで覆われている「ドーム型」であることがほとんどですが、警戒心が強い子の場合はカバー付きのトイレだと怖がって入ってくれないことがあります。

 トイレは猫が一番無防備になる瞬間。警戒心が強い子ほど、周りを見ながら安全に用を足したいと考えるため、カバー付きのトイレは好まれにくいのです。

 また、猫の目は人間と比べて1/6の光源でも十分な視力を持ち、暗闇でも行動できる作りになっているので、ナイトライトは猫ではなく、飼い主さんにとってありがたい機能に過ぎないと言えます。

1/3ページ

最終更新:9/18(水) 8:46
女子SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事