ここから本文です

セ、パともあと一波乱があるのかな?【大島康徳の負くっか魂!!第122回】

9/19(木) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

甲子園も打高投低

モヤがかかった9月4日の巨人─中日戦[前橋]。セ、パとも戦いの行方は視界不良?

 久びさに大島家の日常からいきましょう。夕飯のとき、息子に言われてハッとした言葉があります。

 この日は、家族4人がそろってご飯を食べていたのですが、私がいつものように「おかわり!」と、お茶碗をナオミさん(愛しの妻です)に差し出すと、ナオミさんも、これまたいつものように箸を置いて、席を立ち、ご飯をよそって渡してくれました。

 そんなやり取りを見ていた次男が僕を見て、「ありがとう、は?」と、言ったのです。

 次男から、そんな言葉をかけられることが珍しい上、そんなことを今まで誰からも言われたことがなかったので、正直、驚きました。

「あ……ありがとう」

 私が小声で言って

「……はい」とナオミさん。

 何となく他人行儀の僕らを息子たちが黙って見守るという不思議な空気になりました。

 そのとき、人として大切なことを、家の中では忘れている自分に気づき、ハッとしました。実は最近、息子たちに教わることや気づかされることが増えました。うれしいやら、寂しいやらですね。

 では話を変え、今回は夏の甲子園からスタートしたいと思います。

 僕が一番印象に残ったのは、バッティングです。とにかくすごい! 最近の高校生の打撃力は、ボールが飛ぶ飛ばないの次元を超えていますね。しかも、昔は甲子園でホームランを打てるバッターは、チームに1人いればいいくらいでしたが、今は、多くのチームで一、二番や下位打線でも放り込む。いいのか悪いのか分かりませんが、プロ野球同様、甲子園も打高投低の時代なんだなとあらためて感じました。

 1つは、トレーニング方法でしょうね。昔は「センスはいいが、まだまだ体の線が細いな」と思う高校生がほとんどで、松井秀喜(星稜高─巨人ほか)みたいなゴツイ選手が出ると・・・ 本文:2,872文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:9/19(木) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る