ここから本文です

1番人気の国は? ラグビーワールドカップのツイッター調査

9/19(木) 15:00配信

オーヴォ

 ソーシャルワイヤー(東京)は、記事調査サービス「@クリッピング(アットクリッピング)」のTwitter調査・分析サービスを活用し、9月20日に開幕するラグビーW杯2019日本大会に関する調査、分析を行った。

 調査媒体はTwitter、調査対象は「#ラグビーW杯」、「#ラグビーワールドカップ2019」、「#ラグビーワールドカップ」、「#RWC2019」で合計5万9,279ツイート。ラグビーに関するハッシュタグと今大会の出場国のキーワードを基に調査した。

 6月12日は、開幕100日前のイベントにPRキャプテンを務める俳優の舘ひろしさん、嵐の櫻井翔さんが登場し、前回大会で活躍した元日本代表の五郎丸歩さん、畠山健介さんとのトークでラグビーW杯をPRしたことが話題となり、Twitter上でも投稿が盛り上がっていた。投稿内容を調査してみると、6月12日全体の約14%が櫻井翔さんに関する投稿だった。

 7月27日は、岩手県の釜石鵜住居復興スタジアムで初めて日本代表戦が行われ、強豪国フィジーに34対21で勝利したことでTwitter上も盛り上がった。また、9月2日は開幕戦の日本国歌斉唱に歌手の平原綾香さんが決定したことと、開幕戦の試合前と9月25日釜石での試合前に、航空自衛隊アクロバットチーム「ブルーインパルス」による展示飛行を実施することも決定し、ツイート数も大きく伸びた。

 先の調査で使用したハッシュタグに出場国名を加えて調査した結果、国別では日本がダントツの1番人気に。世界ランキングを見てみると、アイルランド(1位)、ニュージーランド(2位)、イングランド(3位)などの強豪国が特別に人気がある訳ではない。日本に次ぐ人気のスコットランドは、日本vsスコットランドのチケットに関するツイートが多く、日本戦唯一の日曜日かつ交通の便がよく7万人収容の横浜国際総合競技場での開催ということもあり、「チケット当選した」「見に行く」といった内容で話題になっていた。一方、マオリ族の民族舞踊“ハカ”やオールブラックスの愛称で人気のニュージーランドに関するツイートは意外にも多くない。

 なお、日本は開幕初日の9月20日、19時45分からロシアと戦う。当日は、どれだけ多くのツイートがなされるだろうか。

最終更新:9/19(木) 15:00
オーヴォ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事