ここから本文です

千鳥の大ブレークの影に内村光良 共演大型新番組企画中か

9/19(木) 7:00配信

NEWS ポストセブン

「シンプルに口が臭い」「胃が腐っとるんじゃ」「クセがスゴい!」。一度耳にすれば忘れられないフレーズが大ウケし、今や「最強のロケ芸人」として売れに売れているお笑いコンビの千鳥。

【写真】千鳥をかわいがっているというウッチャン

 地方局などを含めると、10本以上のレギュラー番組を持ち、10月からは博多華丸・大吉とのレギュラー番組『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(フジテレビ系)のスタートも決まった。

「ツッコミのセンス、オールマイティーさ、裏表のない人柄が評価されています。スタッフの意図を汲んだコメント能力もずば抜けていて、ロケだけでなくひな壇に座っても活躍できる千鳥は今、テレビマンがいちばん使いたい芸人。ここまで来たのは彼らの実力が大きいですが、内村光良さん(55才)との出会いも転機になっています」(テレビ局関係者)

 千鳥の大悟(39才)とノブ(39才)は高校の同級生で2000年にコンビ結成。2013年に満を持して上京した。

「東京進出後、かかわる番組がことごとく終了し、“番組クラッシャー”という呼び名もついてしまった。そんな時、宮川大輔さん(46才)が出演する『満天☆青空レストラン』(日本テレビ系)に出演することになりました。グルメ番組のロケなのに、ボケ倒し、爆笑をとったそうです。その様子はあまりオンエアされなかったみたいですが(笑い)」(前出・テレビ局関係者)

 そのロケにかかわっていたスタッフと宮川が、千鳥を猛プッシュし、内村がMCを務める同局の『笑神様は突然に…』への出演につながった。

「深夜帯のスピンオフ企画でしたが、大悟さんの引っ越しロケを行ったんです。冷蔵庫もない部屋で缶チューハイだけが床に置いてある、そんなシーンに大悟さんが“わしは酒飲みの最後かい”と突っ込むのに内村さんは大笑いしていました。

 番組の飲み会で、内村さんは“千鳥のような芸人が売れる番組を作りたい”とまで言い出すほど。周りの見る目も変わりましたし、本人たちも人気が出たのは“内村さんにハマったのもデカい!”と言っていました」(番組関係者)

1/2ページ

最終更新:9/19(木) 7:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい