ここから本文です

ラグビーW杯日本代表の注目選手と見どころを識者が徹底解説

9/19(木) 7:00配信

NEWS ポストセブン

「4年に1度じゃない。一生に一度だ」をキャッチコピーに開かれるラグビーワールドカップの日本大会。長い人生で1度きりの自国開催ならばぜひとも日本代表の選手を応援したいが、ラグビーはどうもわかりにくいという人も多いはずだ。そこで本稿では初心者でも一目でわかるように日本代表の注目選手を紹介しよう。

 ラグビーとは、防具をつけない生身の人間がルールに則って楕円球を奪い合い、自陣から敵陣に攻め入ることを目的とする陣取り合戦である。

 体格で外国に劣る日本は、いったんプレーが止まった後に選手が集まってプレーを再開する「セットプレー」で確実にボールを保持したい。とりわけ8人のフォワードが一塊になって組み合う「スクラム」で押し込まれることなく、いかに攻勢を保つかがポイントとなる。

 そこで大きな役割を果たすのが、スクラムの先頭に位置するプロップとフッカー。中でもスポーツライターの藤島大氏が期待するのは韓国出身の具智元(グ・ジオン)選手だ。

「ルーツは韓国ですが、中学3年生の時に大分県の公立中学に編入してから日本で育った“ホームグロウン”の選手です。身長184センチ、体重122キロながら50メートルを7秒02で駆け抜ける俊足と、元ラグビー韓国代表で『アジア最強プロップ』と呼ばれた父の血を受け継ぐスクラムの強さが最大の武器。日本の生命線であるスクラムのカギを握るひとりです」(藤島氏)

 具選手が先発した9月6日の南アフリカとのテストマッチで、日本は世界最強レベルのフォワードを相手に安定したスクラムを見せた。本大会での日本代表の躍進を実感させる出来栄えだった。
 
 プレーが続いている間に、ボールを持って突進する、味方のボールをキープする、相手のボールを奪い取るといったハードワークを求められるのがフランカーとナンバーエイト。激しいボール争奪戦の要となるポジションだが、日本代表キャップ(出場数)30を誇る大八木淳史氏が「やってくれる」と断じるのは若手ナンバーワンの呼び声高い姫野和樹選手だ。

1/3ページ

最終更新:9/19(木) 7:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事