ここから本文です

【まとめ】この秋、必見の展覧会(2019年)。

9/19(木) 19:15配信

Casa BRUTUS.com

●〈水戸芸術館 現代美術ギャラリー〉大竹伸朗 ビル景 1978-2019(~10月6日)

いよいよ芸術の秋が到来。2019年の秋に、必ず観ておきたい展覧会情報を“会期終了が近いもの”から、順番にお届けします!

平面も立体もモチーフはすべてビル。〈水戸芸術館 現代美術ギャラリー〉で開かれている大竹伸朗の個展は「ビルしばり」です。館内を埋め尽くす「ビル」が表現するものとは?

●〈森美術館〉塩田千春展:魂がふるえる(~10月27日)

赤や黒の糸、舟、燃えたピアノ、窓枠……。さまざまな意味が読み取れるオブジェが大空間を埋め尽くす、塩田千春のインスタレーションが〈森美術館〉で展示中。過去最大級の個展『塩田千春展:魂がふるえる』に込めた思いを本人に聞きました。

●〈エスパス ルイ・ヴィトン東京〉CHRISTIAN BOLTANSKI - ANIMITAS II(~11月7日)

〈国立新美術館〉での個展も大評判だったクリスチャン・ボルタンスキー。表参道の〈エスパス ルイ・ヴィトン東京〉では「アニミタスII」と題したインスタレーションが11月7日まで見られます。天空に浮かぶギャラリーでボルタンスキーに話を聞きました。

●〈世田谷美術館〉チェコ・デザイン 100年の旅(~11月10日)

〈世田谷美術館〉で、ヨーロッパの中央に位置する国、チェコ・デザインをテーマにした『チェコ・デザイン 100年の旅』が開催中。チェコのデザイン史に焦点を当てた日本で初めての展覧会です。

●〈神戸市内各所〉アート・プロジェクトKOBE 2019:TRANS-(~11月10日)

街の姿を変える『アート・プロジェクトKOBE 2019:TRANS-』。グレゴール・シュナイダーとやなぎみわ、二人の作家が見たことのない場を体験させます。

●〈

森アーツセンターギャラリー〉バスキア展 メイド・イン・ジャパン(9月21日~11月17日)

この秋、日本初となるバスキアの大規模な展覧会が行われます。会期は9月21日~11月17日。約130点ものバスキアの作品が世界中から集まる貴重な機会です。

●〈ポーラ美術館〉シンコペーション:世界の巨匠たちと現代アート(~12月1日)

箱根の森の中にある〈ポーラ美術館〉で、時を超えたアートが出合う展覧会が開かれています。12組の現代アーティストとポーラ美術館のコレクションなどが響き合う『シンコペーション』展は美術史の新しい読み方も楽しめます。

●無人島・猿島『SenseIsland -感覚の島- 暗闇の美術島』(11月3日~12月1日)

東京湾に浮かぶ無人島、猿島。日帰りで海水浴やバーベキューを楽しめるレジャーの島として知られています。その島を舞台に、初めて、夜間にアートを楽しめるイベントが行われることになりました。

1/2ページ

最終更新:9/27(金) 18:50
Casa BRUTUS.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事