ここから本文です

学校へ行かずに「ホームスクール」で育ったセレブたち

9/19(木) 0:00配信

コスモポリタン

通常の学校ではなく、自宅などを学びの場として家族や家庭教師、通信教育を通して勉強をする「ホームスクール」という制度。合法かつシステムが整っている欧米では卒業認定もされ、イギリスでは年間4万8000人(2016-2017年度時点)がホームスクールを選び、さらに増加傾向にあるんだそう。そこで今回は、様々な事情でホームスクールを経験したセレブたちをご紹介。

【写真】実は高学歴なセレブ11人

エマ・ワトソン

10歳で『ハリー・ポッター』シリーズにキャスティングされたエマ。そのため学校へ通うことができず、撮影現場で複数の家庭教師から1日5時間の授業を受けていたそう。その後、名門ブラウン大学へ入学し、1年間仕事のため休学したけれど見事卒業することができた。

ライアン・ゴズリング

カナダで育ったライアンは、ディズニー・チャンネルでデビューする前、学校でイジメを受けていたそう。「問題児」というあだ名までつけられた彼を、ライアンの母はホームスクールさせることで救うことに。10歳で学校をやめ、1年間母に勉強を教わる中で、「以降忘れたことのない自立心を養った」と話している。その後12歳でディズニー・チャンネルのオーディションに受かり、ジャスティン・ビーバーやブリトニー・スピアーズなどと共演をした。ちなみに、ジャスティンとブリトニーは通信教育を利用し、同じ高校を卒業している。

クリステン・スチュワート

女優のクリステンは仕方なしにホームスクールをするようになったそう。当初は学校へ通っていたのだけれど、12歳頃に女優として名が知れるようになり、先生が彼女の多忙さについていけなくなったんだとか。クリステンが撮影で欠席をする際に学校外で勉強できるように準備してくれる教師が1人もいなかったため、泣く泣く学校をやめることになったと話している。

ジャスティン・ビーバー

高校は移住先のロサンゼルスではなく、地元カナダの学校のオンラインシステムを利用し、ホームスクールで卒業した歌手のジャスティン。卒業式には参加せず、卒業から数ヶ月後にはツアーを開始した。卒業後のインタビューでは「試験に受かったよ、これで自由だ! 毎日仕事と勉強の両立は大変だったよ」と安堵していた。

1/2ページ

最終更新:9/19(木) 0:00
コスモポリタン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事