ここから本文です

ブンデスリーガのスカウト戦略(2)2部・カールスルーエの場合

9/19(木) 11:01配信

footballista

ブンデス2部昇格組の規模感…Jリーグとの比較

 前回の記事では、ボルシア・メンヘングラッドバッハのケースを見ながら、欧州のコンペティションで戦うための選手獲得には、どの程度の予算規模、選手獲得戦略があるのかを追った。

 今回は、ブンデスリーガ2部のカールスルーエを見ていく。かつて山田大記(現ジュビロ磐田)が活躍したことで、名前を覚えている人たちもいるだろう。2016-17シーズンに3部へ降格し、2シーズンを過ごしたあとに今季から2部に復帰したクラブだ。

 『transfermarkt』の選手全員の推定評価額は930万ユーロ(約11億円)と、ドイツ2部でも最下位の予算規模だ。ちなみに、シュトゥットガルト、ハノーファー、ハンブルクやニュルンベルクといった規模の大きな“元1部”クラブを除いた14チームのブンデス2部の選手の価値総額はおよそ平均1484万ユーロ(約17億8000万円)と、J1の下位、J2上位チームとほぼ肩を並べる規模と推定されている。

 このことから、ボルフスブルクのピエール・リトバルスキーをはじめ、ドイツのスカウトたちがJリーグをブンデスリーガ2部の上位のレベルとクラス分けしていることにも合点がいく。

カールスルーエのスカウティング、予算・戦略は?

 『ビルト』によれば、3部で2年を過ごしたことで、予算規模は大きく縮小し、スカウティングにかけられる年間予算はわずかに5万ユーロ(600万円)。現在は10年前からスタッフとしてフルタイムの契約をしたチーフスカウトのローター・シュトレーラオ氏とスポーツディレクターのオリバー・クロイツァー氏の2人でトップチームの選手獲得にあたっている。

 スカウティングのターゲットとなるのは、ドイツ国内の2部、3部、そして4部およびU-19ブンデスリーガだ。国外では、オーストリアおよびスイスを主に見て回り、まれにフランスとデンマークにも視察にいくという。

人材不足を補うデジタルツール、SAPの『Sports One』

 学校で体育の教師をしながら80年代からカールスルーエでトップチームの分析・スカウティング、およびコーチングスタッフとして関わってきた74歳になるシュトレーラオ氏。未だに年間150~180試合の視察に訪れ、車での走行距離は7万キロを超える。さらに、飛行機や電車での移動も加わる。

「少し狂っていて、自分のやっていることを愛していないと、この仕事はやっていけないよ」

 そうシュトレーラオ氏は話す。少ない予算の中でやり来るするためには、データの効率的な処理も必要だ。カールスルーエでは、SAPの『SAP Sports One』のスカウティング機能を使っている。

 事前にアロイス・シュバルツ監督とディレクターのクロイツァー氏が必要な選手のタイプやパラメータを作成。シュトレーラオ氏がスカウティングを行い、現地に赴きスカウティングレポートを作成。データ化した情報を、クラウドで処理。そのデータをクロイツァー氏が読み、データ内にあるビデオを見ながら選手を絞り込んでいく。この作業を経て、納得できた選手の場合は、クロイツァー氏とシュトレーラオ氏が2人で現地で試合を見て、獲得の判断を行う。

1/2ページ

最終更新:9/19(木) 11:01
footballista

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事