ここから本文です

ポルトガル代表って誰がいるの? 現在の主力は? 新旧世代融合、ネーションズリーグ制覇のスター軍団

9/19(木) 7:05配信

フットボールチャンネル

 UEFAネーションズリーグ2018/19で初代チャンピオンとなり、ベテランにも若手にも有力な人材を多数揃えるポルトガル代表。EURO2016優勝の記憶も新しいが、フェルナンド・サントス監督の下で選手の世代交代も進めながらチーム力を高いレベルで維持している。そこで今回は、欧州屈指のスター軍団となったポルトガル代表の注目選手を紹介していく(代表での成績は9月11日時点)。(文:編集部)

【写真】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

●守備を司る重鎮たち

ルイ・パトリシオ
ポジション:GK
生年月日:1988年2月15日(31歳)
所属クラブ:ウォルバーハンプトン
代表成績:83試合出場

 10年近くポルトガル代表のゴールマウスを守り続けてきた絶対的守護神。昨季は初の海外移籍でウォルバーハンプトンのプレミアリーグでの躍進を支えた。優勝を果たしたEURO2016でベストイレブンに輝くなど国際的な評価も高く、シュートセービングやビルドアップ、リーダーシップなどGKに必要なあらゆる能力を高いレベルでバランス良く兼ね備えている。

ぺぺ
ポジション:DF
生年月日:1983年2月26日(36歳)
所属クラブ:ポルト
代表成績:106試合出場/7得点

 クリスティアーノ・ロナウドと並ぶポルトガル代表の重鎮。36歳になったが目立った衰えは見られず、アグレッシブなプレースタイルは健在だ。現在はプロとして飛躍のきっかけを掴んだポルトでディフェンスリーダーを務め、日本代表の中島翔哉ともチームメイト。レアル・マドリーなどで数々のタイトルを獲得して築いた経験値はチームに絶大なる安心感をもたらす。

●マンチェスター・シティで飛躍したマルチアタッカー

ジョアン・カンセロ
ポジション:DF
生年月日:1994年5月27日(25歳)
所属クラブ:マンチェスター・シティ
代表成績:16試合出場/3得点

 バレンシア時代は攻撃偏重型で明らかに守備難を抱えていたが、インテルとユベントスでの経験を経て両サイドを器用にこなす洗練されたサイドバックへと進化を遂げた。今夏はダニーロと実質的な“トレード”でマンチェスター・シティ移籍を果たし、プレミアリーグ初挑戦。ペップ・グアルディオラから学び、自慢の攻撃力は鋭いクロスに磨きをかけていく。

ベルナルド・シウバ
ポジション:MF
生年月日:1994年8月10日(25歳)
所属クラブ:マンチェスター・シティ
代表成績:40試合出場/4得点

 いまや世界屈指のアタッカーに成長を遂げた。マンチェスター・シティでは中央もサイドも問わず、常に相手の脅威となる。そしてテクニシャンでありながら圧倒的なまでの運動量も魅力の1つだ。左足の精度は抜群で、特に右サイドからカットインしてのラストパスやシュートは一流の選手でも止めるのは難しいだろう。

1/3ページ

最終更新:9/20(金) 4:31
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事