ここから本文です

2002年7月のトムラウシ山遭難事故の教訓/思い込みによる判断ミスの恐さ

9/19(木) 17:20配信

YAMAKEI ONLINE(ヤマケイオンライン)

山岳防災気象予報士の大矢です。関東上陸直前に「非常に強い」勢力にまで発達した先の台風15号は、関東に接近・上陸する台風としては異例の勢力を維持したまま東京湾を北上し、9月9日(月)の5時頃に千葉市に上陸、暴風により多くの電柱が倒れて停電が続くなど甚大な被害を与えています。被害を遭われた方には謹んでお見舞い申し上げます。

今回のコラムでは、2002年7月の台風6号によるトムラウシ遭難事故について取り上げたいと思います。トムラウシ遭難事故と言えば2009年7月の大量遭難事故があまりにも有名ですが、その7年前にも名古屋と福岡の女性2名が低体温症で亡くなられるという痛ましい事故が起きています。

事故の詳細は、「ドキュメント気象遭難」(ヤマケイ文庫 著者:羽根田治)の中で遭難事例の一つとしてまとめられていますので、ぜひ一読をお勧めいたします。本記事ではこの本では解説されていないだけでなく、おそらく誰も取り上げていない「2002年の台風6号の動き」について特に焦点を当てて解説いたします。

北海道の百名山の一つ、トムラウシ山の魅力

そもそもトムラウシ山とはどのような山なのでしょうか。トムラウシ山(2141m)は深田久弥の日本百名山の1つで、北海道の大雪山・旭岳の南側にあります。旭岳よりアプローチが長く、日帰り登山は困難な山ですが、その独特の山容に魅せられて登る人が多い山です。

化雲岳とヒサゴ沼分岐の間にある「神遊びの庭」から見るトムラウシ山は、まさに「天上の山」で、行った人にしかその魅力は分からないと感じます。私もトムラウシ山に魅せられた一人で、最初に登ったのは1991年の秋の単独行でした。

このときの話を少しすると――、「りんご台風」と呼ばれ東北のりんご畑に大きな被害を与えた台風19号が北海道に再上陸したため、9月28日の名古屋から千歳への朝の飛行機が欠航になり、急遽、夜の便に変更して千歳まで飛び、そのまま夜行電車で稚内まで移動、9月29日に日帰りで利尻山を往復して再び夜行電車で旭川まで移動する強行軍のあと、9月30日から10月1日にかけて天人峡からトムラウシ山にアタックしました。

しかし、台風通過後の冬型気圧配置による積雪と朝方の冷え込みによる凍結のため、トムラウシ頂上付近はキックステップが効かないカチカチのアイスバーンになっていました。何度か突破しようとトライしましたが、アイゼンかピッケル無しでは滑落の危険があり、私のほかに登山者もいないため頂上手前100~200mぐらいとのところで大事を取って撤退の判断をしています。

単独行では絶対に無理をしてはいけません。山は逃げませんから――。

私は2005年8月の会社山岳部の夏山合宿で14年ぶりにトムラウシ山に無事に登頂しています。私にとって、トムラウシ山はそんな思い出深い山です。

1/3ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事