ここから本文です

芸術の秋に!アート心をくすぐる「タトゥー」集

9/19(木) 7:04配信

コスモポリタン

いつの時代も、人々の心を豊かにしてきた芸術作品。ピカソやバスキアなど、アート作品からインスパイアされたタトゥーを入れているセレブもけっこう多く、最近ではカイア・ガーバーもピカソ風のタトゥーをゲットしたばかり。 そこで今回、アートに着想を得たタトゥーデザインをピックアップ。

【写真】人気セレブが入れた「アラビア文字」の意味深タトゥー8

フリーダ・カーロ

自画像を多く描いたことで知られる、メキシコを代表する女流画家のフリーダ・カーロ。その作品の多くには、彼女が人生で抱えた孤独や苦しみ、希望など、生々しい感情が込められており、ドラマチックな人生を力強く生きた姿にエンパワーされる人も少なくないはず。

クロード・モネ

自然の光や色彩を丁寧に描き、「光の画家」とも呼ばれた印象派の巨匠、クロード・モネ。生涯描き続けた「睡蓮」シリーズは、移りゆく水面の様子と上品な睡蓮の花を描いた、見る者を引き込む幻想的な作品。多彩な色使いと繊細な筆致を完璧に再現した、まさにアートなタトゥーです。

フィンセント・ファン・ゴッホ

グルグルとした模様が印象的な、ゴッホの代表作「星月夜」。晩年、入院中の寝室の窓から見えた風景を描いた作品で、死期を悟った不安を描いたという説や、ゴッホ生涯のテーマである「自然と宗教の葛藤」を描いたなど、様々な解釈があるそう。そんな夜空のデザインを切り取ったタトゥーは、シンプルながら、作品の特徴をとらえた個性的な仕上がりに。

バンクシー

独特なグラフィティ絵画と、風刺性の高いメッセージで知られるストリート・アーティスト、バンクシー。このデザインは、バンクシー作品の1つである「風船と少女」がオークションで高値で落札された直後(なんと約1億5000万円)、額内に隠されていたシュレッダーでその一部が断裁された様子を描いたもの。この仕掛けはバンクシー本人によるいたずらで、ピカソの「破壊の衝動は創造の衝動でもある」というメッセージが込められているのだそう…!

最終更新:9/19(木) 7:04
コスモポリタン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事