ここから本文です

【高知県】中田英寿が全国の蔵元に教わった最高に旨い店<ゲーテイスト特別版>

9/19(木) 7:31配信

GOETHE

2009年から’15年の6年半、のべ500日以上をかけて、47都道府県を旅した中田英寿さん。そこで出会った数々の酒蔵には、ある共通点があった。それは、「良質な蔵元であればあるほど、良質な食を知り尽くしている」ということ。中田さんが出会った全国津々浦々の特別なる蔵人にしか知りえない、最高に旨い”地元の名店“を紹介する。ゲーテのレストラン大賞「ゲーテイスト2019」に参加した中田さんによる、「ゲーテイスト特別版 全国の旨い店ガイド」がここに完成!

『黒尊』 高知市/居酒屋

推薦人
「美丈夫 慎太郎」/濱川商店 濱川尚明さん(代表取締役)
こだわりの海鮮料理が味わえる、予約がなかなか取れない人気店「黒尊(くろそん)」。大将が目利きした魚を使用しており、オーダーは大将のおまかせのみ。「この店の料理は、どれも新鮮。特に旨いのが『カツオの塩たたき』です。味付けは塩のみで、カツオがもつ旨味を存分に感じられます。皮はパリッと香ばしく、身はふんわりと。厚切りの身を口いっぱいに頬張り、日本酒とのマリアージュを楽しんでみてください」

住所:高知県高知市本町3-4-13


濱川商店
明治37年創業。看板商品の「慎太郎」は、坂本龍馬と同じく土佐の偉人、中岡慎太郎の名前がつけられている。「仕込み水は、日本で有数の超軟水です。ミネラルが少ない超軟水で日本酒を仕込むのは難しいのですが、その分口当たりがまろやかなお酒になります。『気づいたら一升空いてしまっている、本当においしい酒を造りたい』という思いを込めています」

銘柄:美丈夫 慎太郎
創業:明治37年
住所:高知県安芸郡田野町2150

『resort dining Se Relaxer』 高知市/欧風料理

推薦人
『土佐しらぎく』/仙頭酒造場 仙頭美紀さん(代表取締役)
「リゾートダイニング スルラクセ」は地産地消にこだわり、食材はすべて高知県のものを使用。土佐あかうしなどのご当地食材も食べられ、県外から訪れるファンも多い。「日本酒好きの店主が営んでいる、本格的な欧風料理です。定番のワインやシャンパンに加え、土佐名産の日本酒も多数揃えられています。じっくりと焼き上げられた『安芸市はたやま夢楽 土佐ジローのロースト』が絶品。日本酒との相性も良いので、ぜひ一度食べてみてください」

住所:高知県高知市帯屋町2-1-34 Keiビル 3F


仙頭酒造場
醸し続けて100年以上。北には四国山地、南には太平洋がある自然豊かな土地で、日本酒の心地良い飲みやすさを追求している。「コンセプトは、フレッシュ&ジューシー。米は高知県の『吟の夢』をメインに、水は四国山系の伏流水を使っています。高知県の自然と調和した日本酒をお楽しみください」

銘柄:土佐しらぎく
創業:明治36年
住所:高知県安芸郡芸西村和食甲1551番地


Text=柏木まなみ、星佑貴

最終更新:9/19(木) 7:31
GOETHE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい