ここから本文です

顔ほどにモノを言う!?7割以上の女性が老けを感じる他人の「手」

9/19(木) 18:32配信

@DIME

誰だって好んで年を取りたくはないものだ。だからこそ、顔のシワを隠したり、白髪染めをしたりする人は多い。

しかし、意外な盲点として「手」も、顔や髪に並んで老化を感じさせる部分であるという事実が今回、ロート製薬による20代~60代の女性800人を対象にしたアンケート調査によって明らかになった。※グラフありの元記事は下記同タイトルをクリックすることで見ることができます

必然的に目に入る「顔」や「髪」だけでなく、意外と「手」が見られている!
「自分の身体のどの部分に老化を感じるか?」(複数回答)という質問が投げかけられたところ、1位「顔」(65.4%)、2位「髪」(52.5%)、3位「手」(47.6%)という順になった。

また「他人で最も老けを感じる身体の部分」について尋ねる調査が行われたところ、1位が「顔」(70.6%)、2位が「髪」(55%)、そして3位「手」(54.3%)という結果に。

どちらも40代以上の女性の過半数が「手」に老化を感じているということが判明。人とコミュニケーションをする際に、必然的に目にする「顔」や「髪」に加えて、意外と「手」も見られているということが明らかになった。



多くの人が他人の「老け手」には敏感だが、自分の手には鈍感という結果に
「自分の手が老けて見えることで悩むことがあるか?」という質問に対し、38.2%の女性が「悩むことがある」と回答。一方で、「他の女性の手を見て老化を感じたことがあるか?」という質問に対しては、約2倍にあたる 73.2%が「感じたことがある」と回答した(回答人数 n=800)。

多くの人が自分の手の老けに対して自覚はないが、他人の老け手に気づいているということが明らかになった。



50代~60代は2人に1人が「血管が目立つ手」を気にしていることが判明
50代~60代は2人に1人が手の血管浮きを気にしていることがわかった。また「老けて見える手とはどのような手だと思うか」(複数回答)と尋ねる調査が行われたところ、1位は「しわが目立つ手」(60.4%)という結果に。

2位は年代でわかれ、20代~30代が「乾燥した手」(48.8%)と回答したのに対して、40代~60 代が「しみがある手」(56.5%)となった。



「しわ」、「しみ」、「血管浮き」が目立つ手は20歳以上老け見え!
「次の手の写真を見比べて、右の手は左の手より何歳老けて見えると思うか?」と尋ねる調査が行われたところ、「しみが目立つ手」は21.7歳、「しわが目立つ手」は21.3歳、「血管が目立つ手」は20.5歳、老けて見えるということが判明。

他にも「乾燥した手」は 13.4歳、「色がくすんでいる手」は10.4歳老けて見えるという結果になった。



エイジングケアしている身体の部分、手は4位(24.5%)!
「エイジングケアで身体のどの部分に注力しているか?」(複数回答)と尋ねる調査が行われたところ、1位「顔」(66.1%)、2位「髪」(38.5%)、3位「首」(26.3%)、4位「手」(24.5%)となった。人から老けてみられないようにするためのケアで「手」は、優先順位が低いということが明らかに。

また「あなたは、自分の手の老け見えに対してのハンドケアに満足しているか?」という質問に対して、78%の女性がハンドケアに満足していないことがわかった。

ハンドケアとして主にやっていることは、1位「ハンドクリームを塗る」(75.8%)、2位「マッサージをする」(12.1%)、3位「水仕事の際は手袋をする」(10.4%)となった。



<調査概要 >
・調査タイトル:「女性の老け手に関する調査」
・対象者:全国の20代~60代女性 800人
・調査期間:2019年8月2日 ~ 8月5日
・調査方法:インターネット調査
・その他:構成比は小数点以下で四捨五入されているため、合計しても100とならない場合がある。

出典元:ロート製薬株式会社

構成/こじへい

@DIME

最終更新:9/19(木) 18:32
@DIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事