ここから本文です

東京五輪の前に、ロンドン五輪の結果が待ち遠しい

9/19(木) 16:23配信

ニューズウィーク日本版

<ドーピングで132人が失格処分となり、メダル剥奪の選手が続出していまだに勝者が決まっていない競技もある2012年のロンドンオリンピック。五輪はそう簡単に終わらない>

この夏の間、「東京オリンピックまであと1年」という記事がよく出回った。そうした記事を読んで「オリンピックは成功するのだろうか」と気になった人もいれば、「猛暑が大問題になるのでは」「誰がメダルを手にするんだろう」と考えた人もいるかもしれない。あるいは、「来年の今頃にはもう全て終わってしまうんだな」と寂しさを感じる人もいるかもしれない。

【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

そんな人々に、朗報を伝えたい。ある意味、オリンピックはそう簡単には終わらない、と。なにしろ、 僕はいまだに2012年ロンドンオリンピックの結果を注視している。今これを書いているこの瞬間も、7年前のレスリング男子フリースタイル120キロ級で、「誰が金メダルで誰が銀メダルになるだろう」と思いを巡らせているのだ。

当時、ウズベキスタンのアルトゥール・タイマゾフが優勝。だがこれで勝負ありと判断するのはあまりに時期尚早だった。ロンドン五輪の際に提出された彼の検体が再検査にかけられ、禁止薬物が検出されて、彼は今年7月にメダルを剥奪された。タイマゾフにとっては大打撃だったに違いない、なぜなら既に2017年にも北京五輪(08年)で獲得した金メダルを剥奪されているのだから。幸い、アテネ(04年・金)とシドニー(00年・銀)のメダルは、まだ手元にあるようだ。

ならば、2012年の決勝でタイマゾフに敗れた相手、ダビト・モジマナシャビリ(当時ジョージア、現ウズベキスタン)が繰り上げ優勝になるものと思うだろう。ところが、ほんの数カ月前、彼もドーピング発覚で銀メダルを剥奪されている。だから今となっては、誰がメダルをもらうべきなのか、もはや判断できない状態だ。

これは極めて珍しい事件というわけではない。ロンドン五輪ではこれまでにドーピング検査で、金メダリスト7人がメダルを剥奪され、合計60人が失格になった。陸上女子1500メートルでは、決勝に進出した選手のうち金メダリストと銀メダリストを含む4人が失格となった。

上位2人が抜けたことで、ロシアのタチアナ・トマショワが2位に浮上した。これで銀メダルをもらえることになったら、さぞうれしいに違いない。というのも彼女は、2008~2010年の2年間、競技に出場できなかったのだから。怪我ではない。尿検体をすり替えた疑いで資格停止になっていたのだ。

1/2ページ

最終更新:9/19(木) 16:23
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事