ここから本文です

宮本信子×宮崎あおい×佐々木みゆ、是枝裕和最新作『真実』で吹き替えに挑戦 「贅沢な時間でした」

9/19(木) 8:04配信

リアルサウンド

 10月11日に公開の是枝裕和監督最新作『真実』の日本語吹替版キャストを、宮本信子、宮崎あおい、佐々木みゆが担当することが決定した。

【動画】『真実』本予告

 本作は、『万引き家族』で日本映画21年ぶりの快挙となるカンヌ国際映画祭の最高賞“パルムドール”を受賞した是枝監督最新作。国民的大女優ファビエンヌが『真実』というタイトルの自伝本を発表したことから、次第に母と娘の間に隠された、愛憎渦巻く真実が炙り出されていく。主演を務めるのは、『シェルブールの雨傘』のカトリーヌ・ドヌーヴ。彼女の娘役に『ポンヌフの恋人』のジュリエット・ビノシュ、娘婿役に『6才のボクが、大人になるまで。』のイーサン・ホークらが集まった。

 日本語吹替版では、宮本が、ドヌーヴ演じる国民的大女優ファビエンヌ役、宮崎が、ビノシュが演じるファビエンヌの娘で脚本家リュミール役、『万引き家族』にも出演した佐々木が、リュミールの娘シャルロット役に抜擢された。是枝監督は吹替版でも、佐々木には台本を渡さず、従来の口伝えの演出で台詞を収録した。

■コメント
・是枝監督
宮本さんの凛とした声と、背筋のピンとした佇まいは、まさにカトリーヌさんにぴったり重なると思いましたし、宮崎さんは声のお仕事もご一緒させて頂いたことがあるのですが、その繊細な表現力はもう、唯一無二だと思ってましたので、ビノシュさんとの年齢差は気になりませんでした。ダメ元で僕から提案したお二人が、お二人とも、思いがけずお引き受け頂けて、監督としてこんなに嬉しいことはありません。もう一つの『真実』に出会うのを僕自身楽しみにしています。

・宮本信子
洋画の吹き替えは初めての事なので、出来るかどうかとても不安で正直悩みました。でも是枝監督からお声掛け頂いたのですから、受けて立たなくては宮本信子はダメだわ!と思いまして。「どうなるか分かりませんが、一生懸命やらせていただきます」とお伝えさせていただきました。真実は一つではないですし、それを『一つであるべきだ』ではなく、色んな風に見られるんだよと言ってくれるような作品だと思います。

・宮崎あおい
初めてのことに、何をどうしたら良いのか不安いっぱいでスタジオに入ったのですが、始まってみたらとても楽しく……自分がジュリエット・ビノシュになったかのような幸せな錯覚を味わいながらの贅沢な時間でした。また新しい形で是枝監督の作品に関わらせていただけたこともとても嬉しかったです。

・佐々木みゆ
吹き替えのお仕事をするのは私のあこがれだったので、是枝監督からお話をもらったときはとてもうれしくて不思議だなーと思いました。初めてなので、さいしょはちゃんとできるかな? と心配だったけど、シャルロットちゃんの役ができるチャンスは一回しかないからぜったいやります! と言いました。夢がかなって、今もとても幸せな気持ちです。シャルロットちゃんは明るくて元気な女の子なので、吹き替えのときもたくさん笑って楽しかったです。

※宮崎あおいの「崎」は「たつさき」が正式表記。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/19(木) 8:04
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事