ここから本文です

さらばガソリンエンジン!? EVだらけだったフランクフルト・ショーをどう思う?

9/19(木) 20:39配信

GQ JAPAN

EVだらけの理由とは?

今年のフランクフルト・ショーは、あらゆるブースのメイン展示車両がEVだった。また、プラグ・イン・ハイブリッドモデルやハイブリッドモデルを同時に展示するメーカーも多かった。

そこで、あるメガ・サプライヤーの幹部に、「今回のフランクフルト・ショーは、EVがとりわけ目立ちますが、内燃機関の開発はもうおこなわないのでしょうか?」と、訊いた。

彼は、「ショーを見に来るのは、あなたがたジャーナリストだけではない。一般のお客さんが大勢やってくる。彼らが“今日の技術”を見ても満足しないと思う。“明日の技術”を見て楽しんでもらいたいし、クルマに対しあこがれや夢を持ってほしい」と、話す。

フランクフルト・ショーの会場を歩くと、すぐにでもクルマの主流はEVになるのでは? と、錯覚を覚えるほどEVだらけだった。とはいえ現実は、急速充電器の普及や充電時間、そして航続距離などの問題があるからEVが主流になるのは相当先になるはずだ。

文と写真・世良耕太

2/2ページ

最終更新:9/19(木) 21:21
GQ JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事