ここから本文です

「ウスムラサキホウキタケが並ぶと本当に嬉しくて……」きのこ狩り名人の愛はすごかった

9/19(木) 19:30配信

文春オンライン

 金沢市から車で1時間と少しの白山国立公園の近く。道路でくつろぐサルの群れに邪魔されつつ、山中の道を車で進む。サルたちは大人しく道からどいてくれたものの、すぐにカーブを繰り返す山道なので、何度も同じ群れと出くわすことになる。

【写真】この記事の写真を見る(14枚)

 車から降りた瞬間、山椒の匂いが鼻をついた。今回、きのこ狩り取材にご同行いただいた名人・大乗文子(おおのり・ふみこ)さんによれば、このあたりは「出作り」と呼ばれる春から秋にかけて山中で生活するための小屋があった場所で、その周囲には山椒やミョウガといった作物が植えられていたためだという。

きのこの下にはヘビが隠れていることも

 名人は柄の長い「きのこ鎌」を時に杖がわりにして進む。きのこやきのこの周囲の草を刈ったりする他、大きなきのこの下にはヘビが隠れていることがあるので、これで周囲の地面を突いて確認したりと、大乗さんのきのこ狩りには欠かせない存在だという。

 大乗さんによれば、このところまだ気温30度に達する日が続いて乾燥しており、例年よりもきのこが生えていないという。毎年9月下旬から約1か月間がきのこ狩りの最盛期で、このあたりの山では両手で抱えるほどのサイズの舞茸やなめこがとりわけ人気だ。

刺されるとスズメバチよりも痛い

 筆者らが回ったポイントは、1週間前は猛毒のドクツルタケがたくさん生えていたというが、この日はドクツルタケによく似たシロタマゴテングタケを何本か見かけた程度だった。白く美しさを感じさせるきのこだが、これも猛毒で知られている。

 電力会社の送電塔近くに出ると、後ろから羽音が聴こえた。振り返ると、目の前には巣に群がるハチたちが。大乗さんによれば、刺されるとスズメバチよりも痛いという。山に足を運ぶことは、危険な動物と遭遇する可能性も付き物だ。

クマはお互いに気がつかないと危ない

 山の危険な動物といえば、最近ニュースになることの多いクマについても聞くと、やはり山で遭遇することがあるという。

「目が合わない距離だけど、クマがいると下で音立てるようにしていますね。連れがいたらワーワー大きな声でしゃべるとか、そこらへんのものを叩いて音出すとか。木の葉が擦れる音とかでお互い聞こえないことがあるんですね。そういう時にこっちで人間が来たと知らせてやると、向こうも避けてくれる。とにかく自分が来たと物音を立てることを心がけています。お互いに気が付かないと危ない」

 きのこ狩りの最中、大乗さんの携行する鈴の音が辺りに響いていたし、筆者らと会話を絶やさなかったせいか、幸いなことにクマとの遭遇はせずに済んだ。複数人できのこ狩りをすることはクマを防ぐ他にも、複数の目で様々な方向に目が行くので、きのこが見つかる可能性が高まるそうだ。

 取材前は厳しい藪の中を進むのも覚悟していたが、歩きやすい道を進むことが多かった。山に慣れない我々への配慮かとも思ったが、大乗さんによれば、きのこも人間と同じで木漏れ日照らす風通しの良い場所を好むという。また、下草が刈られるなど、人の手が入った場所がいいとのことだから、歩きやすい道なのは必然なのだろう。

1/3ページ

最終更新:9/19(木) 19:30
文春オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事