ここから本文です

デビュー40周年記念、リアルすぎる「長渕剛」フィギュアが誕生

9/19(木) 12:00配信

Rolling Stone Japan

今年、デビュー40周年を迎える長渕剛。現代フィギュアの技術を駆使していることで名高い「S.H.Figuarts」より日本人ミュージシャンとしては初めて「長渕剛」の手のひらサイズのフィギュアが誕生した。

写真:デビュー40周年記念、リアルすぎる「長渕剛」フィギュアが誕生

8月29日(木)に予約受付を開始するや否や、ネット上で「あまりにもリアルすぎる!」などの声が上がり、注目が集まった「長渕剛」のフィギュア。それもそのはず「可動によるキャラクター表現の追求」をテーマに、「造形」「可動」「彩色」とあらゆるフィギュアの技術を凝縮した、手の平サイズのフィギュアブランド「S.H.Figuarts」を展開しているBANDAI SPIRITS  コレクターズ事業部が手がけたものなのだ。

東日本大震災の1か月後に自衛隊の基地で行った「慰問ライブ」での長渕の姿は、会場にいた人だけではなく、日本中で感動を呼んだことも記憶に新しい。その熱い歌声は、時代や世代を超え魅了し続けている。そんな長渕剛が今年デビューから40周年を迎えるという。先日7月25日に配信が開始されたばかりの新曲「Orange」は、20年振りにスクリーンに蘇ることで話題の2020年に公開される自身主演映画「太陽の家」の主題歌として書き下ろされたもの。公開時には、業界初という上映後にライブ披露する「シネマ&ライブ・ツアー」を全国10都市で17公演開催することが発表された。

そんなリアル・長渕のフィギュアは、S.H.Figuarts 独自の「魂のデジタル彩色」技術により、まるで本人のような完成度に仕上がっている。さらに愛用のギターやギターストラップ、ピック、マイク、ハーモニカなど、長渕剛を取り巻くあらゆるアクセサリーパーツが付属し、長渕剛初の本格アクションフィギュアでありながら、決定版といえる仕様となっている。商品化にあたり、自身が監修し、実際の革ジャンやギターを参考に、質感や縫い目、ボタンなどの細かいディテールまでもリアルに表現しているところにも注目してほしい。



そして驚くべきことに、「凛々しい表情」「シャウト」「ほころんだ顔」という3種類の頭部が付属していることにより、多彩な表情を楽しむことができるという。また、長渕のトレードマークであるサングラスは、着脱可能な作りになっているという細かやかな演出も面白い。また、サングラス以外にも、本人愛用のギターやピック、ハーモニカなど多種多様なパーツが付属しており、マイクは、手に持たせるだけでなく、マイクスタンドにセットすることもでき、ハーモニカは手に持った状態と、ハーモニカスタンドにセットされた状態の2パターン楽しめるという。

現在、プレミアムバンダイ内「魂ウェブ商店」で予約を受け付けており、2020年1月発送予定だ。



S.H.Figuarts 長渕剛
販売価格:7,000 円・税抜(送料・手数料別)
発売予定日:2020年1月発送予定
2019年8月29日(木)よりプレミアムバンダイ内「魂ウェブ商店」・「長渕剛 オフィシャル・オンラインストア」で予約受付中
※一般流通での販売なし
※期間限定での予約受付

サイズ:全高約150mm
セット内容:
本体、交換用左手首3種、交換用右手首3種、交換用頭部パーツ2種、ギター、マイク、マイクスタンド一式、ハーモニカ、ハーモ
ニカ付き両手、サングラス
(C) OFFICE REN

Rolling Stone Japan 編集部

最終更新:9/19(木) 12:00
Rolling Stone Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事