ここから本文です

【鹿島】「負けた後のオフって、けっこう大事」リスタートに向けた内田篤人のスタンス

9/19(木) 6:36配信

SOCCER DIGEST Web

「俺は練習するけどね」と目をギラつかせる

[ACL準々決勝第2レグ]鹿島1-1広州恒大/9月18日/カシマ
 
 あと1点が足りなかった。
 
 広州恒大とのACL準々決勝、アウェーでの第1レグは0-0のスコアレスドロー。ホームで迎えた第2レグで、鹿島は前半にセットプレーから先制を許す苦しい展開も、後半にセルジーニョのゴールで同点に追いつく。しかし、トータルスコアはイーブンでも、このままではアウェーゴールの差で大会敗退が決まる。ベスト4に進むためには勝利が絶対条件――。
 
 試合を振り出しに戻した後半は、相手を押し込めるようになり、いくつものチャンスを作ったが、あと一歩のところでラストパスが通らない、際どいシュートがブロックされるなど、ため息が漏れるシーンが続く。そして、ラストワンプレーのレオ・シルバの決定機も相手DFにカットされてしまい、万策が尽きた。
 
 この日はベンチ入りも、出番のなかった内田篤人は次のように試合を振り返る。
 
「1点取れると、ああやって間が空くというか、相手がずれてきて、パス回しもできる。(土居)聖真やレオとか、間でもらえる選手がいるから、そこからの崩しは良かったけど。まあ、負ける時はこんなもんだと思いますよ。一歩届かないとか、セットプレーでやられたり」
 
 失点に関しては「相手の選手がデカくて、うちもサイズのある選手(町田浩樹)がついていた。それでやられたのなら、もうしょうがない」と割り切って捉える。
 
 J1リーグ、ルヴァンカップ、天皇杯、ACL。すべての大会で優勝の可能性を残してきたが、ここでそのひとつが消滅。“4冠”という偉業の夢は潰え、少なからずダメージの残る敗戦となったが、「こういう苦しい時に、やらなければいけない。俺とかヤス(遠藤康)とかが、どう道筋をつけるのか。それが俺らの役割」と言葉に力をこめる。
 
 悪い流れを引きずらないように、“切り替え”の重要性も説く。
 
「チームとして、明日から2連休になる。これは今日の試合の結果に関係なく、前から決まっていたことだけど、この2連休を上手く、ね。気持ちをガラッと、もう一回、頑張ろうよっていう時間にしないといけない。負けた後のオフって、けっこう大事。オフというか、次の練習だね」
 
 終わったことをいつまでも悔やんでいても仕方がない。ACL連覇は果たせなかったが、まだ“国内3冠”の目はある。そこに向けて、気持ちを新たにリスタートを切る。そのためにも、束の間の休息をいかに意味のあるものにできるか。
 
「他のチームと比べたら、僕らはオフが少ない。俺はあんまり試合に絡めていないからあれだけど、みんな身体を張って、頑張っているから。この2日を上手く利用してほしい」
 
 そう話した後に、内田は「俺は練習するけどね」と目をギラつかせる。チームがひとつ、躓いてしまった今こそ、次はピッチに立って、「グッと引っ張るべき存在でなければいけない」という言葉通り、タイトルへの先導者となる活躍を期待したい。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【ACL PHOTO】鹿島 1-1 広州恒大|鹿島ACL連覇ならず。1-1ドローもアウェーゴールの差で広州が浦和との準決勝へ

最終更新:9/19(木) 8:26
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事