ここから本文です

バルサの仰天プラン! グリエーズマンはネイマール獲得の「ダシ」に使われそうだった?

9/19(木) 16:00配信

SOCCER DIGEST Web

アトレティコとの関係は泥沼化。

 アントワーヌ・グリエーズマンのバルセロナ行きは、昨シーズン終盤にすでに既成事実化していた事実が示す通り、かなり以前から水面下で進んでいた話だ。
 
 移籍決定が7月になったのは、アトレティコ・マドリーとの間に設定された契約解除金が2億ユーロから1億2000万ユーロに下がる期日(7月1日)を待っていたからでしかない。
 
 しかし、移籍決定後は周知の通り状況がいわば泥沼化している。バルサが1億2000万ユーロをスペイン・サッカー連盟に振り込んで契約解除の手続きを取り、グリエーズマンの選手登録したのは7月12日。それ以来、アトレティコは「バルサとグリエーズマンは契約解除金が下がる期日より前に実質的な合意に達しており、契約解除金もそれに基づいて2億ユーロ支払われるべきだ」と主張してきた。8月に入ると、それを裏付ける証拠のメールまで出てきている。
 
 今になって移籍自体が覆ることはありえないが、アトレティコの主張に裏付けがある以上、何らかの形でそれが受け容れられる可能性は残っている。「こうなったら1ユーロでも多くのカネをバルサから引き出そう」とアトレティコが考え、そのために法的手段も含めてあらゆる手に訴えるのは当然のことだ。一方のバルサは「ルール違反は一切犯していない」とし、静観を決め込んでいる。
 
 グリエーズマン自身は、昨夏に契約更新したとはいえ、そのままアトレティコでキャリアを終えるつもりはなかったはずだ。キャリアの目標地点をバルサかレアル・マドリーに置くのは、彼レベルのワールドクラスにとっては当たり前だし、移籍のチャンスがあればそれを活かそうとするのも自然なことだ。実際にグリーズマンは、バルサ行きを決意して以降、その他のあらゆるオファーを蹴っていた。

「三角トレード」が現実になれば大騒ぎに…。

 しかし実はバルサは、6月のある時点でネイマールを復帰させるためグリエーズマンをその後釜としてパリSGに送り込むよう、間接的に手を回そうとしていた。この時期に「パリSGがグリエーズマンを狙っている」というニュースが流れたが、実際にはバルサが画策した話。もしこの「三角トレード」が現実になったら大騒ぎになっていたはずだ。
 
 しかし、グリエーズマンにパリ行きの意思が皆無だった以上、最初から実現の可能性はほとんどなかった。
 
 昨夏に契約更新を通して手に入れたグリエーズマンの手取り2100万ユーロという破格の年俸は、アトレティコのロッカールームに不満と嫉妬を渦巻かせる要因になっていた。昨シーズンのチームが不本意な結果(リーガではバルサに大差を付けられての2位、チャンピオンズ・リーグではラウンド・オブ16敗退)に終わったのは、その不協和音と無関係ではないだろう。もちろんクラブ側もその状況は認識していた。だからいずれにしてもグリエーズマンは、アトレティコを去る流れになっていたということだ。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎
※『ワールドサッカーダイジェスト』2019年9月19日号より転載
 
【著者プロフィール】
Gianluca DI MARZIO(ジャンルカ・ディ・マルツィオ)/1974年3月28日、ナポリ近郊の町に生まれる。パドバ大学在学中の94年に地元のTV局でキャリアをスタートし、2004年から『スカイ・イタリア』に所属する。元プロ監督で現コメンテーターの父ジャンニを通して得た人脈を活かして幅広いネットワークを築き、「移籍マーケットの専門記者」という独自のフィールドを開拓。この分野ではイタリアの第一人者で、2013年1月にジョゼップ・グアルディオラのバイエルン入りをスクープしてからは、他の欧州諸国でも注目を集めている。

最終更新:9/19(木) 16:00
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事