ここから本文です

トライオード、A級パラシングル構成の300B搭載プリメイン「TRZ-300W」。定番機を全面見直し

9/19(木) 11:16配信

PHILE WEB

トライオードは、直熱三極管300Bを搭載するプリメインアンプ「TRZ-300W」を10月中旬に発売する。価格は480,000円(税抜)。真空管にPSVANE WE300Bを搭載したモデル「TRZ-300W-WE300B」も同時に発売、価格は572,000 円(税抜)となる。

1994年の同社創業時から2016年まで販売されたロングセラーモデル「VP-300BD」の後継機に位置づけられるモデルで、全体の部品レイアウトやトランスなど構成を見直して改良が図られている。

回路構成はA級パラシングル、定格出力は20W+20W(8Ω)。真空管は300B×4、12AX7×2、12AU7×2を使用する。電源部は大型トロイダル電源トランスとSiCショットキーバリア整流ダイオードの採用により、高効率でレスポンスがよく、優美で力強いサウンドを実現するとしている。

本体前面にはバイアスメーターを装備し、天面のバイアス調整ボリュームにより手軽に調整が可能。また独自のTHC(トライオード・ハム・キャンセル)回路の採用により、これまで手動だったハムバランス調整のメンテナンスフリーを可能とした。

入力はLINE入力が4系統、 PHONO(MM) 入力が1系統、また入力切換とボリュームをバイパスしてパワーアンプとして使えるMAIN IN入力も1系統装備。出力はREC OUT、スピーカー出力(4 - 8Ω)を各1系統ずつ備える。周波数特性は5Hz - 68kHz(±3dB)、SN比は92dB。

消費電力は240W。外形寸法は440W×220H×370Dmm、質量は34kg。付属品として真空管ボンネット、電源ケーブル、リモコンが同梱される。

なお本機は、展示機があり試聴ができるなど一定条件を満たした「トライオードプレミアムショップ」認定店のみでの取り扱いとなり、ウェブ販売は行わないとのこと。

編集部:川田菜月

最終更新:9/19(木) 11:16
PHILE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事