ここから本文です

オーディオテクニカ、有線接続でハイレゾも聴けるネックバンド型ノイキャン/BTイヤホン「ATH-ANC400BT」

9/19(木) 16:43配信

PHILE WEB

オーディオテクニカは、“QUIETPOINT”シリーズのノイズキャンセリング機能付きBluetoothイヤホン「ATH-ANC400BT」を11月15日に発売する。価格はオープンだが、27,000円前後での販売が予想される。

ネックバンド型のノイズキャンセル機能搭載Bluetoothイヤホン。aptX HD/aptX/AACなどワイヤレスでも高品位な伝送ができるコーデックに対応している。Bluetoothのバージョンは5.0。対応プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSP。IPX2相当の防滴性能も備える。

また、QUIETPOINT ハイブリッドデジタルノイズキャンセリング技術により、“業界最高クラスの静寂”を実現したとアピール。これは左右それぞれのハウジングの前方と後方に2つの集音マイクを配置し、ノイズを検知。2つのノイズキャンセリング方式を統合するというものだ。ネックバンド型では初の搭載となる。

スマホアプリ「Connect」でノイズキャンセリング効果の調整も行えるほか、周囲の音をすぐ確認できるクイックヒアスルー機能も備える。ノイズキャンセル機能使用時でも最大約20時間の連続音楽再生が可能だ。

USB Type-C端子も備え、対応スマホと有線接続しての使用も可能。さらに3.5mmステレオミニ端子も備え、有線イヤホンとして使用しハイレゾ試聴も行える。日本オーディオ協会によるハイレゾロゴも取得している。

音質面では、2層振動板を採用した専用設計のφ12mmドライバーを搭載し、高解像度なサウンドを楽しめるという。ハウジングはアルミ製。再生周波数帯域は5〜40,000Hz、出力音圧レベルは93dB/mW、インピーダンスは16Ωとなる。

付属品として充電用USBケーブル(30cm/USB Type-C to Type-A)、有線接続用USBケーブル(1.2m/USB Type-C to Type-C)、XS/S/M/Lのイヤーピースとコンプライのイヤーピース(Mサイズ)、航空機用アダプター、キャリングケースなどが用意される。

編集部:小澤麻実

最終更新:9/19(木) 22:30
PHILE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事