ここから本文です

<キングオブコント>クロスバー直撃「とろサーモン・久保田さんが『今度はお前ら行けよ!』って」

9/19(木) 18:30配信

ザテレビジョン

9月21日(土)に決勝戦が生放送される「キングオブコント2019」(夜6:55-9:54ほか、TBS系※一部地域は夜7:00より放送)。WEBザテレビジョンでは準決勝進出全組へのインタビューを実施、意気込みなどを語ってもらった。本記事ではクロスバー直撃のコメントを紹介する。

【写真を見る】準決勝進出34組から、決勝進出者10組が当日発表される!

「キングオブコント」は優勝賞金1000万円を目指し、“コント”で熱いバトルを繰り広げ日本一を決める大会。2019年で12回目の開催となり、過去には東京03、ロバート、バイきんぐ、かまいたち、ハナコらが優勝を。

2019年の総エントリー数は2413組で、準決勝出場は34組。その中から、決勝に進むことができるのは10組という狭き門となっている。

クロスバー直撃は、2004年に結成。吉本興業に所属する前野悠介(写真左)と渡邊孝平(写真右)のコンビ。準決勝までの厳しい闘いをくぐり抜けてきたクロスバー直撃の“思い”とは?また優勝する自信は?

(※決勝進出者の発表は21日の大会当日です。本インタビューは、出場者自身も準決勝の結果を知らない状態で行っています)

■ 強みはダンボールで作成した小道具!

――クロスバー直撃さんの自己紹介をお願いできますでしょうか。

前野:ほかの芸人と違うところといえば手作り小道具。ガムテープ、段ボールでほとんど何でも作れるので。普通の漫才師の方は、ショッピングモールで漫才をされていると思うんですけど、僕たちは最近の休日とかは、広場で子供たちに小道具の作り方を教えています。牛乳パックとかでびっくり箱を作るとかやってます。

――夏休みの時期は人気者だったのではないですか?

前野:そうですね、だいたい夏休みの工作でみんな来てくれますね。

渡邊:今年は大きい美術館のホールで、子供たちと50人くらいででっかい手作りお化け屋敷を作りました。

前野:段ボールで作りましたね。

――すごいですね! 「キングオブコント」出場は何回目でしょうか。

前野:もう初回から出てるんで、全部出てますね。

渡邊:もう何回目ですか?忘れましたね(笑)。(準決勝進出は)5回かな?3年連続で。

前野:3年連続で5回目っていうのは、誰かが言ってましたね。ただ、その人が本当に正しいかは分からない。

渡邊:あっているかは分からない(笑)。

■ 今までで1番そぎ落としたネタです!

――「キングオブコント」にまつわる思い出はありますでしょうか。

前野:去年衝撃的だったのが、丸3日くらい時間をかけて作った精密な小道具をここの会場(マイナビBLITZ赤坂)に送ったんですけど、ボロッボロになってて。多分、何か配送中の揺れとかでなったんですかね。

「精密機械」とか「コンピューター入ってます」とか上に書いとったんですけどね、むなしくボロボロになってまして。でも、それを見越して早く会場入りしとったんで、全然修復はできましたけど。

渡邊:できてよかったなと。ドキュメンタリーでしたね。

――今回のネタでも小道具を使われるのでしょうか?

前野:そうですね。ちょっとだけですが、あります。

――そのネタへの思い入れや自信を教えていただけますでしょうか?

前野:そうですね。今回のネタに関しては、本当に土曜日や日曜日に小さいお子さんから高齢の方まで集まる寄席でやってきて、そぎ落としてそぎ落としてきたので。

渡邊:今までで1番そぎ落としてるかも知れないですね。

前野:本当に。

渡邊:なんというか、毎年だいたいぎりぎりまで新ネタを作りまくるので。芸人さんによるんですけど、大体の方は。なので、ぎりぎり仕上がる感じになるんですけど。

前野:去年とか、ぎりっぎりに仕上がったネタをやったんですけど。

渡邊:今年はだいぶ、練習しなくてもほとんどいいと思うくらいの。

前野:本当にそうですね。ウケる部分のみを残し。

渡邊:新しいウケるところと入れ替えて、入れ替えて。

■ 誰か後輩を育てるために使いたい

――今回のネタを見た先輩芸人さんからは何かお言葉はありましたか。

渡邊:そうですね、芸人からの評価というか、面白いと言ってもらえたし、お客さんからもいいって言ってもらえたし。老若男女広めにカバーできているネタが4つのうちに3つくらいあればいいネタかなと思うんですが。

前野:(吉本新喜劇の)川畑(泰史)座長が1番そのネタが好きだと言ってくれる。「そのコントのキャラかわいいなあ」ってずっと言ってくださるんで。あとは、「(決勝)行けよ!」みたいなのは多いですね。

「M-1グランプリ」(テレビ朝日系)で優勝されたとろさん(とろサーモン)も、「今度はお前ら行けよ!」っていう感じで。

渡邊:そうですね、久保田(かずのぶ)さんは、ずっと言ってくれていますね。

――賞金1000万円の使い道は考えていらっしゃいますか?

渡邊:そうですね、僕ら芸歴が長いほうで、16、17年目ですね。その17年間で先輩とかにおごってもらったりしてて、個人の金額で言うても1000万円近くはあると思うので。

子供が成人するまでにだいたい最低1000万円かかると言われてまして、もうそろそろ芸人として独り立ちして、今度はこの1000万円を誰か後輩を育てるために使いたいなと。

前野:僕はマンションを買ってしまって、ローンを払い終えるのが計算では72歳なんですよ。なので一括で返したいと思います!

渡邊:まあ、夢あるね。

前野:それで、おそらく61歳くらいまでに返し終えるようになれると思うので。

渡邊:あんま変わらへんやん(笑)。

■ 大阪から来てる組の帰りがしんどい…。

――準決勝進出者は34組の中でライバル視されてる芸人さんはいらっしゃいますか。

渡邊:小道具で言ったら、チョコレートプラネットとかね。

前野:「R-1ぐらんぷり」(フジテレビ系)の時にチョコレートプラネットと「小道具で決勝で対戦や!」って言ってたんですけど、よく考えたら松尾(駿)と僕だったので、松尾は小道具関係ないほうだった(笑)。(小道具を作っているのは)長田(庄平)のほうなので(笑)。チョコレートプラネットはやっぱりそうですね。

渡邊:ビスケットブラザーズとかは、一緒にユニットライブしてましたし、後輩ですけどだいぶ。

前野:あとは、やっぱりななまがり、アイロンヘッド、ここも大阪でずっと一緒のイベントをやっとった仲で。東京来てどれだけ化けてるのかっていうのはやっぱり興味ありますね。ななまがりは毎年おもろいし。

渡邊:決勝も経験していますしね、強いと思います。どこも強いと思うんですけど。

――舞台裏でも「キングオブコント」の話はされますか?

前野:そうですね、東京で誰がおもろいかは絶対になりますね。去年も今年も空気階段の話はみんな言っていますね。

渡邊:空気階段おもしろいですね。ネルソンズも、THE GREATEST HITSもね、結構面白いネタあるんですけどね。それをやるか分からないですけど、(キャラクターが)濃いところなので面白いですよね。

――最後に、今回の意気込みを教えていただけますでしょうか。

前野:去年、一昨年、新幹線で飲んだほんまに悔しいビールを今年こそは飲まへんように。

渡邊:あれはまずいな。

前野:毎年、本当に落ちたメンバーと一緒に新幹線で、無言で、座席は一応ひっくり返して4人で無言でビールを飲むっていう。来年こそはみたいな。

渡邊:大阪から来てる組の帰りがしんどいですね。

前野:帰りの品川駅のホームって、なんであんなに広く感じるんですかね、ほんまに。あと、小道具がプラス20kgくらい重く感じるんですよね、今年こそはそれにならんように。

渡邊:ウキウキで帰れるように。

前野:うまいビールを。

渡邊:プシュッと開けれるように。

前野:頑張りたいと思います!

クロスバー直撃の決勝進出なるか!?そして優勝は?「キングオブコント2019」は9月21日(土)夜6:55-9:54ほか、TBS系で放送。(※一部地域は夜7:00より放送)(ザテレビジョン)

最終更新:9/20(金) 10:04
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい