ここから本文です

野菜にチーズを乗っけただけ! 「手間なし愛され副菜」5選

9/19(木) 16:30配信

レタスクラブニュース

時間や手間のかからないお手軽メニューは、覚えておくと便利ですよね。そこで今回は野菜とチーズを組み合わせた副菜5選をピックアップ。作り方は簡単ですが、チーズのうまみで少しリッチ感のある1品が完成します。毎日の食事や晩酌のお供、お弁当のおかずなど幅広いシーンで活用してみてはいかが?

バターのコクがおいしさを引きたてる!「玉ねぎのチーズ焼き」

■ 焼きチーズレタス

【材料・2人分】

スライスチーズ(溶けるタイプ)2枚、レタス(縦半分に切る)1/2個、サラダ油、トマトケチャップ

【作り方】

1. フライパンに油大さじ1/2をひき、レタスの断面を下にして並べて中火で焼く。焼き色がついたら上下を返す。

2. チーズを1枚ずつのせ、ふたをして約2分蒸し焼きにする。器に盛り、ケチャップ適量を添える。

お料理メモ

おとなARRANGE

ケチャップの甘さにマスタードの辛みと酸味が加わり、ワインやビールに合う!

(1人分94Kcal、塩分0.6g)

レタスを豪快に1/2個使った見映えのよいレシピ。焼き色がつくまでレタスに火を通したら、チーズをのせて蒸していきます。レタスを買うときは葉が淡い緑色で、光沢のあるものがおすすめ。

■ 玉ねぎのチーズ焼き

チーズのうまみと玉ねぎの甘みが相性抜群。玉ねぎをあらかじめレンジで加熱しておくと、短時間でやわらかな食感に仕上がります。

■ アスパラのチーズ焼き

粗びき黒こしょうが味の決め手。アスパラガスは根元のかたい部分を切り落とし、長さを半分にカットしてください。

■ しいたけのチーズ焼き

みそのこうばしい風味が口の中に広がります。まるごと焼いたしいたけのジューシーさを堪能してみて。

■ ピーマンの和風チーズ焼き

七味とうがらしの辛さがアクセントに。ピーマンにみそとチーズをのせたら、皮目を下にして焼きましょう。

使う食材はチーズと野菜だけなのでとってもらくちん。さまざまな種類をまとめて作り、食べ比べてみるのも面白いかもしれませんよ。

最終更新:9/19(木) 16:30
レタスクラブニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事